最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2002年7月 | トップページ | 2002年9月 »

2002年8月の26件の記事

やっぱり涙が・・・

ただいま「北の国から・記憶1989~98後編」で感動中。まっすぐな心に、時折、涙が溢れる。じゃあ、自分は、人としてどう生きるのか・・・。

(-0-)~~~♪ はぁ~あ~~~ぁ~~~・・・

BGMは「北の国から ~遙かなる大地より~」。(←メインテーマ)気分はもう富良野、麓郷。五郎、純、蛍・・・。
友達からAMAZON.COMって便利な通販サイトだよと聞いたこともあって・・・目的も無しにちょっと覗いてみているうちに・・・、思いもよらず・・・北の国からのサントラCDをみつけてしまったわけで・・・。そうなるとボクはもういてもたってもいられない気持になったわけで・・・。思わず買ってしまったわけで。こうして聴いていると、あのドラマのシーンが次から次へと思い出されるわけで・・・。来週9/6-7の「遺言」(最終回!?)はぜったいに見逃せないと思うわけで・・・。
最終回と言えば、一昨日8/27は、これもまた名作映画『男はつらいよ』の日,寅さんの日とのこと。(1969(昭和44)年、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開。) 「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなったとのこと。
遺言のあとも「復活」するかもしれない・・・いやして欲しい・・・などと思ったりする。
ライナーノーツによると北の国からのテーマ曲は、倉本聰の半ばだまし討ち?で、驚くことにたった一時間足らずで作られたらしい。さだまさしもやっぱり天才なんだな・・・。

無事帰着、そしてゲンジツへ

たった今、名古屋近郊の自宅に無事に辿り着きました。
ツーリングレポートは徐々にアップしていきたいと思います。
旅の途中、イロイロな方にお世話になりました。ありがとうゴザイマシタ。
なお8/17深夜に携帯電話を盗まれ、imodeによるリアルタイムレポートが不能でした。一部の方にはご心配をおかけしました。
当面、小生の携帯電話が不通になりますので、連絡はメールor自宅電話にお願いいたします。
それでは・・・zzz...

なぬっ!

台風13号接近中!? 直メールで教えてくれたにゃんこ先生、ありがと! しかーし、バイク旅じゃ、やる方無しでしょう?(笑) なるようになるさ。

草枕

雨中夜道の走行に疲れ、下北半島の首の部分にある道の駅よこはまで休憩。そこで野宿準備をしていたチャリダー君と友達になり、私もここで草枕を結ぶことにする。旅は道連れ。1752.2

いさり火

大間から海沿いを走っていくといさり火がポツポツつき始め、そのうちに天を焦がすほどになる。その先に北海道をみつつ、とても美しく、切ない。

最北グルメ

最北のかもめ食堂で大間崎丼1500がウマイ! 1677.4

望郷

やっと本州最北の地、大間崎まで辿り着いた。北の大地、そして数々の思いでの地、函館山が見える。ウミネコの鳴き声が郷愁を誘う。我が心の北海道よ。いつかきっと、再びこの海峡を渡ろう。さて旅はラストスパートに入る。南へ

朝食

朝7時に走り始める。曇。気温17度と少し寒い。下北・東通村、松楽でうに・あわび丼2600の朝食。グルメ旅。1554.3

初キャンプ

八甲田の酸ケ湯で温泉キャンプ! 温泉スッパ気持ちいい! 1447.0

曹洞宗は

南無釈迦無尼仏(ナムシャカムニブツ)。

秋田で停滞中

ただ今、秋田で墓参り、掃除。この地で田舎暮らしもよいかな?などと思ってみたりする。

たまにはTV

1.恋愛偏差値、琴子ガンバレ。マニュファクチュアっていいな。太陽電池もあのノリで!? 2.アノ北の国からが9/6-7で最終回!? BuChiが大きく影響を受けたドラマのひとつ。北海道っていいトコロなんだよ。ホント。

秋田に到着!

秋田・森吉町の父の実家に到着! 新調したテント使ってないぞ(笑) 今日は雨の中、旅ライダーと沢山すれ違いざまにガンバレピースを交わした。チャリダーも頑張ってた。ボクもがんばる。明日こそ晴れますように! 1317.1km

笹川流れにて

村上に入る少し前から雨。ただ今、道の駅、笹川流れにて昼食。ぷっくりと太った岩がきはめっちゃウマイ。岩がきニ人前\1300。夕日丼\1330。満腹満足。雨も上がった。ラッキー! 1065.0

トップの写真

そういえばトップページの写真はツーリング出発5分前の写真です。

北へ向かって

そろそろ新潟を出発。昨日はごー殿と一緒に湯之平温泉に行った。新津からは車で2時間弱。林道8km、その後、山道を徒歩1時間という処にある秘湯。渓流沿いの野天風呂はサイコーに気持ちがいい。温泉ビールが至福の時を演出する。ただ温泉でスッキリした後の再度の1時間の散歩は・・・。昨夜もまたごー殿の実家でお世話になった。おいしい料理とお酒・・・。「またいつでも遊びにおいで」という有難い言葉にまた甘えに来ようと思う。
今朝SLを観て出発・・・のつもりだったが、運休とのことで残念。またの機会に楽しみを残し・・・さて、北へ向かって出発!

バイクの調子は上々

昨日までの走行距離964.0km。既に前オーナーよりも長く乗っていることになる。一気に愛着がわいてくる。旧型のバイクで少々心配もしていたが、調子はスコブルいい。大事に乗っていこうと思う。それから久々のツーリングだが、やっぱりバイクは楽しい! 風が気持ちいい!(停まると暑いけど)

ただ今、新潟

昨夜、天気があやしくなってきて、新津にいるごー殿の家に転がり込ませて頂いた。突然の訪問を快く受け入れて頂き大感謝! 新潟に親戚の家ができた気分!

あゆ

新潟堀之内ヤナ場で天然あゆのフルコース! うまい、うまい。

忘れ物

あ~! 鳴子忘れた~!(涙) ただいま梓川SA。691.3km

旅のはじまり

日の出とともに出発・・・の予定がちょっと遅れてしまった。荷物を積み込んでいると新聞配達のおばちゃんが「青森までかい? いいねぇ、気をつけていくんだよ!」と新聞をくれる。こういうちょっとしたふれあいが嬉しい。旅はもう始まっている!
(492.3km)

旅支度

 ひさしぶりのバイクキャンプツーリングで、思いの外、準備に時間がかかり、まだ自宅にいる。当初の予定で出立したとすると、今頃は新潟で大雨にあたっているはずだったのだが・・・。(これをラッキーと言うべきか?) バイクをツーリング仕様に手を加えたり、ツーリンググッズやキャンプ道具のメンテをしたり、買い足したりで、結果的に2日強の時間を費やしてしまった。
いよいよ明早朝出発することにする。目指すは本州最北端、下北半島。その大間崎から北の大地を眺め、望郷の思いと、そこに到達委できない悔しさを味わうのだ。
天気がいささか心配だが、まあ雨をさけるようにルートを決めればいいだろう、というぐらいにしか考えないことにする。
今回、初の試みとしてi-modeをつかって、この思いつきノートに旅の話をUPしてみたいと考えている。果たしてうまくいくだろうか・・・?
あ、それと偶然にも私の通るルートのそばに住んでいる方のところには「襲撃」させて頂く可能性がありますので、よろしくお願い申し上げます。また「どうせなら寄ってけ!」とありがたいことを言って下さる方は、Message Boardに書き込みして頂くか、私のniftyアドレスの方に直接メール頂けたら幸いです。
というわけで、出立いたします。。。

復活!

 7月のある日、学生の頃からずうっと乗っていたバイクをバイク引取屋に売り払ってしまった。もっとも、エンジンの調子がイマイチで遠出をするのが恐く、Yosakoiで忙しかったこともあり、最近はあまり乗っていなかったのだが・・・。
 しかしいざ手放すとなると、非常に心残りで、コイツで日本中かけずり回ったんだよな、と思い出がひとつひとつ・・・。そして、こうしてまたひとつアクティブさを失っていくのか・・・などと思いに耽っていた。
 それから一週間が過ぎた頃、そのバイク引取屋から電話がかかり、「オモシロイモノが手に入ったんだけど、とりあえず見てみないか?」と言う。
 一目見て驚いた。MD20型(おそらく1986年頃)のXLR250Rがピッカピカの状態だった。しかも走行距離がたったの411km。倉庫でずうっと眠っていたらしい。
 今買えば、ナツヤスミに間に合う!という思いもあり、優柔不断なBuChiにしては、珍しく即決。
 そしてまた・・・風の旅人になる。

もうすぐナツヤスミ!

私の勤める会社は今週末10日から19日まで10日間、ナツヤスミになる。よく「休みすぎ!」と言われるが、そういう会社なので仕方がない。(笑)
忙しさにかまけて、ナツヤスミの遠出の予定を立て損ねていたが、新たにバイクも入手したし、ひさびさに放浪してみようかと思う。行き先は・・・北陸から東北方面・・・かなー?

祝! 蒼天爛華 舞踏童衆!

BuChiの所属するYosakoiソーランチーム「蒼天爛華and富士建材」のジュニアチームである「舞踏童衆」が、本日、深川で開催されたYosakoiソーランジュニア大会において「準大賞」を受賞したらしい。Jrのみんなオメデトー!
私もまた踊りたくなってきた・・・!

« 2002年7月 | トップページ | 2002年9月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31