最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 菅平高原 | トップページ | 生ぬるい »

酔いどれ公魚会モドキ

wakasagi 自宅から車で1時間程の湖(松原湖)が全面結氷し、ワカサギの氷穴釣りができるというので、友人達とでかけてみた。
名人の手ほどきをうけたのだが・・・大の男が4人集まって、釣果はたったの1匹。まったくもってして天麩羅どころではなかった。せっかく天麩羅鍋、天麩羅粉、油等々、万全の準備を整えていたのだったが・・・。
天気も変わりやすく、朝は晴れていたが、じょじょに青空から、曇天、雪・・・と。
氷の湖を駆け抜ける冷たい風と、足下の氷からはい上がってくる冷たさと・・・。そんな極寒の状況の中・・・小さな針に、小さなエサをつけ、ひたすら穴をのぞき込みながら釣り竿をゆらゆら揺らして魚を誘う・・・なんとも地道な世界だ。夏海の防波堤でのサビキ釣りのごとくにジャンジャン釣れれば、雰囲気もまた変わってくるだろうになぁ・・・。そんなことを考えていると、
「魚はお食事時間じゃなくなったよ」。誰かがそんなことを言うのが聞こえてくる。たしかにちっともアタリもない。
「じゃあ俺達がお食事の時間にするか・・・」と、おもむろに七輪に炭を入れる。おでんを煮る、焼き鳥をあぶる、カップラーメンをすする・・・燗酒をあおる・・・。氷上宴会のはじまりだ!
近くのテントからは1時間に一回ほど、ワーッ、キャーッ!(女声)と歓声があがる。つまりみんな1時間に1匹ぐらいしか釣れてないのだ。(既に釣れる時間帯を逃してしまっている)
われわれの方では、「うぉーぉ、おでんウメェ!」、「やっぱ焼き鳥でしょー!?」、「熱燗キターッ!」の歓声が頻繁に上がる。こちらは寒さも雪も忘れるほどに絶好調だ!
「氷上釣りの醍醐味はコレだね!?」と、我々仲間一同、そう確信したのであった。
次回はちゃんと早起きして、釣りたて天麩羅をしたいものだ・・・。ねぇ、みなさん?

« 菅平高原 | トップページ | 生ぬるい »

アウトドア遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36871/8632622

この記事へのトラックバック一覧です: 酔いどれ公魚会モドキ:

« 菅平高原 | トップページ | 生ぬるい »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31