最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黄金週間 | トップページ | 熱気球@佐久 »

早朝ゴルフ練習

昨日、某有名ネットコミュニティの地元サークルで、即席バーベキュー(BBQ)会があり参加させてもらいました。
このサークルにはワイフはちょこちょこと参加させてもらっているようだが、BuChiは丁度1年前のお花見BBQ以来の参加・・・。それにも関わらず、一応、ある程度は(?)覚えていていただいたようで、焼肉と”焼きそばマスター(?)”による焼きそば等々を楽しませていただきました。

そのメンバーの数人は、1年ちょっと前からゴルフを始めたそうで、ちょうど1年前にも、

 「今ならみんな同レベルでのスタートだし、一緒に始めようよ」

と誘われていました。

 

が・・・、BuChiのゴルフに対する印象というのはすこぶる悪く、
 「いい歳になった金持ちのオジサンのやるお遊び」
 「人をおだてながらのツマラナイ接待ゴルフ」
 「本来は優雅な貴族のスポーツのハズなのにセコセコやってる人が多い」
 「スポーツというには運動量が少ない」
 「駅で傘を持って素振りしたくない」
 「プレー代、道具、ウェア等々が無駄に高い」

・・・というような感じで、まったくもってヤル気になれない、ヤル気を持ちたくない・・・というのが、周囲の一部の友人達がゴルフを始めた学生時代、新入社員時代の頃から、
ずう~~~っと抱き続けている信条である。

しかし、1年前の花見BBQのときもそうだったし、それ以外のときにも、ワイフはことあるごとに
 「ゴルフをやりたい、始めたい」
と言っている。

かつ昨日は、みんなから、
 「夫婦でプレーできるのはいいよ~」
 「これからずうっと一緒にできるスポーツだしね・・・」
 「俺も本当は奥さんをソノ気にさせて一緒にやりたいんだ」・・・etc
と説得(?)され、気が付けば、

 「じゃあ明日朝6:45に練習場で待ってるから!」

という話になっていた。

 #おいおい、BuChiはまだゴルフをやるとは言ってないぞ!?

ワイフは

 「私は明日は仕事があるから、ひとりで行っといで」

とニコニコしている。

 #なんたる無責任・・・。(ー_ー;;)

 

・・・といういきさつから、早起きをしてゴルフ練習場へと足を運ぶことになった。

 

早朝・・・。

今日は天気がいいこともあり、ゴルフ場へ向かう迄の間、牧場や農場の風景の中を走っていくドライブは、昼間とは違って”まだ動き出していない新鮮な空気”の爽快感がある。

ゴルフの練習場についてみると、昨日の仲間達はもう練習をスタートしていた。

パシィッ! という音を残して、空の中に伸びていくいくボール・・・

都会の練習場のようにネットが張ってあるわけではなくボールはどこまでもどこまでも飛んでいく。
しかも打席に対して打ち放つ方向はなだらかに下り坂になっており、これなら平地よりも飛んでいるようにも感じられ、気分もよさそうだ・・・。

BuChiのゴルフ歴(?)は、過去に4~5回、打ちっ放しの練習場に遊びに行ったことがあるというだけで、もちろん人に教えてもらったことなどなく、全くの素人である。

クラブと手袋を借り、まずはクラブの握り方から教えてもらう。

まず素振りから・・・と
 「こうこうこうして振るんだよ・・・」
 「力を抜いて円を描くように振るんだよ・・・」
と簡単に言われ、振ってみるが、
余計なところに変に力が入って、”ぎこちないことこの上なし”なのは振ってる本人がよーく解っている。(爆)

隣の打席にいた初老の紳士からも、
 「あそこで打ってる人のスイングをよくみてごらん・・・」
とか、
 「こうやって打つんだよ」
と言って実際に打ってみせてくれたりする・・・。しまいには、
 「もう帰るから、このボール使って練習しな・・・」
と言って、数十球のボールを置いていってくれた・・・。(なんてジェントルなんだ!!)

ボールを打ってみる。

もしかしたらカーブの天才なんじゃないか?というぐらいに、打球は右へ右へと曲がっていく。
ピッチングという、たぶん飛距離よりも高く打ち上げる為のクラブを使っているというのにボールは水平ちょっと上ぐらいの高さしか上がっていない。もちろん飛距離も、比較的よく飛んだとしても30ヤード前後ぐらいだろうか・・・?

しかも明らかに、

 「教えてもらった素振りとは違う振り」になっている。(自爆)

ボールを目の前に置くだけで、全然違った振りをしている自分に気がつきはするのだが、
何度やっても体が言うことを利かない。
しかも相当にデキの悪いロボットのような動きをしているハズだ。
いや、デキが悪いロボットでも、もっとマシな振りをするだろう・・・と思うと相当に凹む

ともあれ・・・、振る度にアドバイスをもらいながらひたすらに素振りと試し打ちを繰り返す。

やっぱりセンスないよなぁ・・・、これじゃぁ、いつになったらコースにでられるようになることやら・・・と思いつつも、ひたすらにクラブを振り回す。

結局、約2時間、クラブを振り回していた。

クラブを替えることなく、都度アドバイスをもらいながらやっていたので、最後の30分ぐらいは、空振りすることもだいぶ少なくなり、打球も高めに、そしておおよそはまっすぐ方向に飛ぶようになってきた。

最初に比べたら大進歩である。

今回の練習で教えてもらった/発見したスイングのポイントは・・・、

 ・構えは、少し膝を曲げて、胸をはって腰から前屈みに、グリップの位置は低く、少し手首を上に返すようにする。
 ・テイクバックのときとスイングした後(ハーフスイングのとき)には、クラブのヘッドは真上を向く
 ・テイクバックのときに、野球のバックスイングのときのように左手首を返さない(むしろ内側に曲げるぐらいで)
 ・腰をひねってテイクバックして、そこから手首を真上にあげるようにしたところがスイングの開始点(で、そこから地面を叩きつけるようようなイメージ?)
 ・スイングした後のグリップの位置は腰より高く上げない(というイメージで) (※剣道の構えのようなポーズになる)
 ・顔は足下のボールを見続けるようにして、スイング後も残すように。(※「ヘッドアップにならない」というらしい)
  当面は「打球の球筋はみない」と決心し、むしろ「スイング後の自分のポーズをチェックする」という考えでスイングするのがよさそう。
 ・体重をスイングと同時に、両足から前足に移動させる
 ・スイングは上体の力を抜いて、猫背にならず、円を描くように腰で振る
 ・右に曲がりすぎる場合はボールの自分より少し遠い部分を叩くイメージで振る

というところである。

 

そして、いよいよ最後の一球・・・。

振り抜いた打球は高く、青空の中に消えていった・・・

・・・・・・らしい。

#上述したように、球筋を見ないようにしていたので、どこにどのように飛んでいったのか
 自分では判らなかったが、打った感触と音は悪くはなかった。

「最後の一球が気持ちよく打ててよかったね~」

と言ってもらえたので、そこそこよかったんだろう。(^-^)v

ともあれ、こうして初の本格的(?)ゴルフ練習は終わった。

背筋や腕の筋肉痛と、次回の練習時にまたゼロからのスタートとならないことを祈りつつ、練習場を後にした。

日曜日の朝にだらだらと寝ているより、早起きをしてカルクひと運動・・・というのは、身体的にも、精神的にも、健康にいいだろうと思う。

また行ってみようか・・・!?と、とりあえず思う。

« 黄金週間 | トップページ | 熱気球@佐久 »

BuChi's NOW !!」カテゴリの記事

アウトドア遊び」カテゴリの記事

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36871/14895645

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝ゴルフ練習:

« 黄金週間 | トップページ | 熱気球@佐久 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31