最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の8件の記事

成田空港の(入国)健康相談室

本日夕方,無事にニッポンに帰国しました.で,帰国早々のデキゴト.

15日間の中国滞在中,なんか熱っぽいなぁ,ちょっと頭重いなぁ・・・という日が,2日間と1日間,合計3日間あった.
いずれのときも,良く寝たら(10時間爆睡)治ったようだったので,あまり気に留めていなかったが,成田空港の入国審査の手前に,ポスター等がデカデカと「海外滞在中,発熱,下痢,嘔吐などの症状があった場合には健康相談室にお立寄り下さい」と書いてある.一度は素通りしたのだが,再びの訪中予定もあるので,念のために立ち寄ってみたのだが・・・.

質問5個ぐらいの実に簡単な問診で,「まぁ,風邪だったんでしょう.」と診断され.その後,体温計が37.4度を差したのをみて,「ちょっと高いですねぇ」の一言で終わり,「そちらのドアから入国審査に進んでいいですよ」と・・・.

いかにも,事務作業的な対応.
いかにも,「こんな程度で相談に来るなよ!」という印象.

まぁね,たしかに現状はたいした状況ではない.なにせ本人が気づかないぐらいの微熱だ.

が・・・,ちょっと待ちたまえ.
多少,熱があったところで,気が付かない本人だ.しかも実測の結果,熱がある.
滞在先は中国の田舎,いかにも衛生状態の悪そうなダウンタウンもウロウロした.毎日食事している店だって,どの程度の衛生管理状態か判ったもんじゃない・・・ということを考えたら,もう少し,何かあってもいいんじゃない!?

ちなみに,診察した人は無錫(Wuxi)を知らず,「上海から車で3時間ぐらいのところです」と言ったら,問診票には「上海」と記入していた.(なんてイイカゲンな・・・)

どうも検査の手間と,消耗品代をケチっている風にも見えた.

いっそ,「鳥市場で生肉つまんで食べたんですけど~」ぐらい言ってやれば,真剣に応対したか・・・?

健康相談室を出がけに,「また近々中国に滞在予定があるんですが,予防接種等ってどのようなものが必要なんですかね~?」と訊いてみたところ,紙を渡されて「そこの電話番号で相談して下さい」で終わり.

立ち寄らなきゃよかった・・・.(ガックリ)

こんなんなら,もしも本当にヤバイ病気だったとしても,結果的には,きっと素通りなんだろうなぁ・・・.

その程度のもんか,日本の入国管理・・・.

というザンネンな印象だけが残りました(グチグチ・・・)

無錫でゴハン!

BuChiの無錫滞在中の食事のパターンを紹介してみよう.

Asameshi01★朝食
 ホテルのビュッフェ朝食で中華中心.朝から,肉まん,餃子に留まらず,チジャオロース,麻婆豆腐などもバリバリ食べます.(^_^)

★昼食
 会社の食堂で中国の普通料理(労働者食?).日本で言う”中華料理!”といった華やかさはゼロ.ランチプレートに,3~4種類のオカズ(8種類ぐらいの中から自分で選べる)と,白御飯,スープがのっかり,さらに飲物(パックジュース等)と果物がつく.栄養のバランスは判らないが,色々な食材を食べるので健康には悪くなさそうに思う.
ただ,全体的に「ダークブラウン」な味と雰囲気.モノによっては香草くさいものがあったりして,日本からの出張者の中 には全く食べられない人もいる.BuChiはたいていのものはOKなんですが・・・(川魚だけは臭みが強いので避けるぐらい).

★夕食
 中国料理屋に入っても,英語も,もちろん日本語も通じないので,ほとんど場合,ホテルの近くに無数にある日本料理屋にいく.ひとりの時は「定食」で 30~80元(480~1280円)ぐらい.何人かで酒が入るときは「食べ飲み放題」で 100~150元(1600~2400円)ぐらい.店によっては結構,普通に美味しい.昨夜の鍋焼きうどん定食(60元)は冷え込んでいたこともあってウマカッタなぁ・・・.

・・・というような食生活を無錫では送っているのだが,休日など街に出たときには,現地文化へのチャレンジという意味もあり,夕食はもうちょっとリーズナブルに済ます努力をしている.

Chinjao_rice たとえば・・・2枚目の写真はスーパーのフードコートで食べた「チンジャオロース飯」.これで10元.B級グルメ的にとても美味しかった~.あとは「小龍包(=無錫名物のひとつらしい)」系のものを食べてみたり,餃子屋でひたすら餃子を食べてみたり.
言葉の通じない料理店でも,メニューが写真入り,英語併記だったりすると,楽しめる.無い場合には・・・中国語漢字でなんとなく・・・チャレンジ.(笑)

中国料理屋で,気軽に,ドキドキしないで,御飯が食べられるぐらいに,早く中国語を話せるようになりたいなぁ・・・.そしてもっとB級グルメを楽しみたいなぁ・・・.

ユニクロ無錫!?

Unicro01今週末(2007/12/2),無錫にユニクロがオープンするらしい!!

 \(^O^)/ \(^O^)/ \(^O^)/

何をかくそう,BuChiは大のユニクロ好き.

Unicro02中国スーパー等で売ってる衣料品の質(生地,縫製)の悪さに,ガッカリしてるので,

ユニクロには大期待!!

ん,まてよ・・・? もしかして,中国ユニクロって・・・,

「中国品質基準」~~~!?!?!? (ー.ー;)

ともあれ,一度行ってみねば・・・.

(※写真は,やっちゃん撮影デス)

無錫の風景 20071117

Wuxi071117_001まず写真1枚目.昨日の夜景写真と同じアングルで,昼間の様子を撮ってみました.また雰囲気が違って見えます(陰の部分が見える?).奥の方にに見える3棟の高層ビルは,おそらく外国人用の高級マンション.

Wuxi071117_002写真2枚目は,同じく窓から,反対方向を・・・.この近くにも,建設中のものを含めて,高層マンションが沢山あります.
道は片側3車線+自転車路でとても広いのですが,実際には片側4車線以上で走っていたりするので,とてもコワイです(写真は休日の朝なので車はいませんが).中国人の友達に言わせれば,"You can go freely!"(自由なんだよ!)と言うけれど,私には"No rule!"(ノー・ルール,統制無しの野放し)としか思えません・・・.(^_^;)

Wuxi071117_003_4 写真3枚目.果てしなく続くように見えるアパート群.この視界に入るだけで,一体何人の人が住んでいるんだろうか・・・? 中国では,人が「多い」というよりは,「ウジャウジャいる」と感じられます(^_^;).またそのウジャウジャに,たくましさパワーを感じさせられます.

無錫の風景 20071116

無錫ってどんなとこ?写真ででも紹介してよ!というリクエストにお応えしてみようと思う.

Wuxi071116_001まずはとりあえず,ホテルの窓(19階)からの夜景・・・.
右手前に見える・・・ライトアップされた看板や電飾のドームが見える派手な建物が「無錫市新区人力資源服務中心」・・・簡単に言えば,無錫市のハローワークである.(^_^;)
どうしてこんなパチンコ屋のような状態なのか,理由は定かではないが,昼間は多くの人々が,より条件のいい働き口を求めてひしめいているらしい...

左の方に見えるのが・・・ホテルや商業ビルや飲食店街.
BuChi御用達の日本料理店「きーさんラーメン」や「江戸屋」も写っているハズだが・・・判別できませんね.

Wuxi071116_002二枚目の写真は,BuChiが常宿にしているホテルの外観.この近辺では一番高い建物で,日本からの出張者も沢山泊まっています.
BuChiの部屋は,ベッドはキングサイズ.風呂はバスタブ付.もちろんTV(NHKの海外放送が見られる),冷蔵庫,ソファ付き.インターネットも有線無料だし,フロントスタッフも一部日本語を判る人がいたりするし,朝食ビュッフェも中日欧料理が色々種類があるし,ランドリーサービスも無料だし・・・,これで350元/dayは,かなりのお得感である.(オススメのホテル)
ちなみに,無錫市の街の中心街には,タクシーで20分,25元ぐらいかかるのですが,日用品まで何でも売っているスーパーや日中韓の飲食店街までは歩5分なので便利でもあります.

あ,そうそう言い忘れましたが,このあたりは「新区」といって,無錫の街はずれ,中心街と工業地帯との間ぐらいにできた新しいエリアで,あんまり拓けている方ではありません・・・.

どうでしょう? 中国の田舎・・・とうイメージとはちょっと違うでしょ!?

ボジョレ・ヌーボー風呂

11月15日は,ボジョレ・ヌーボーの解禁日である.日本は時差の関係で世界で一番早く飲めるとか・・・.

という能書きはともあれ・・・.

ロイター通信が伝えるところによると,

 071115bojore 箱根の温泉地で「ボジョレ・ヌーボー」風呂   11月16日19時26分配信 ロイター
  フランスのボジョレ地方の新酒ワイン、ボジョレ・ヌーボーが解禁された15日、箱根の温泉地では、ボジョレ・ヌーボー風呂で同ワインを楽しむイベントが開かれた。参加者は、本物のボジョレ・ヌーボーと入浴剤を混ぜて作った赤紫色の湯に浸かりながら、ワインの入ったグラスを傾けていた。

とのこと.

 なんだよ~,「温泉ソムリエ」も呼んでくれよ~~~.(^_^;)

 じつに羨ましい!

自分でやってみるか・・・!?
いやホテルのバスタブが赤ワインで染まったら怒られそうだ・・・.
というより,ひとりでやっても淋しいし・・・.

それにしても,身体の内外からワイン漬けって・・・健康にはいいんだろうか???

むしゃく=無錫

ニィハオ! 今日からまた中国・無錫に来ています.今回は,No Visaで滞在可能な15日間の予定です.

こちらは長野に比べると暖かく,BuChi的には上着はなくてもいいかな・・・というぐらいの気候.(昼間で21度ぐらい) 秋の雰囲気の過ごしやすい感じです.

ところで・・・,「無錫」ってなんて読むの?・・・という疑問をときどき耳にします.(このblogでもときどきルビを振っていたような気もするが・・・)
 日本語読みすると 「むしゃく
 中国語読みすると 「ウーシー
 英語で書くと 「Wuxi
となります.

なお,無錫の所以は,昔は,錫(すず)の産地だったが,採掘しすぎて錫が無くなってしまった・・・すなわち「無錫」・・・ということらしい.(中国らしい・・・(苦笑))

知人などに,「むしゃく」にいきますと言うと,まったくの無反応か,「無錫旅情の?!」のどちらかの反応がある.

無錫旅情」というのは尾形大作が唄った古い演歌らしい.センチメンタル・ジャーニー(傷心旅行)の歌らしい
・・・というぐらいしか,BuChiは知らないので,いつも苦笑いをすることになる.
今度,誰かカラオケで唄って教えて下さい.(^_^;)

無錫旅情の次は・・・,「中国のどこにあるの?」という反応.

上海から車で西に3時間ぐらい・・・と言うと,
「あ~~~(そう)!」と,納得してくれる人が多いが・・・.
中国地理にまったくウトイBuChiには,どうしてそれで納得ができるのか,よく理解ができない.(爆)

ともあれ(?),そんな無錫に来ているのです...

ガイアの夜明けで太陽光発電~Yocasol

来週の「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)で,
日本国内(福岡・大牟田)に新しくできた太陽電池モジュールメーカー”Yocasol(株)”(= MSKの旧・福岡工場が分離独立)
の起業の話が紹介されるそうです.

独立の経緯、紆余曲折はともあれ、Yocasolには、
日本の企業として、"Made in Japan"のクォリティ(品質)で、
国内外に向けて頑張っていって欲しいと思う。

個人的には、九州弁の"Yoca"(よか)と、
"ラテン語等で太陽を意味する"sol"(ソル)を組み合わせた
(と推測される)社名もいい名前だと思うなぁ・・・。

それにしても・・・
現在メジャーの太陽電池メーカーの多くが関西方面・・・
 シャープ(奈良)、京セラ(京都)、三洋電機(兵庫・淡路島)、三菱電機(岐阜・中津川)・・・
に集まっていたが、
新進の太陽電池メーカー・・・
 昭和シェルソーラー(CIGS系、宮崎)、三菱重工(a-Si/μ-Si系、長崎)、富士電機(a-Si系、熊本)、ホンダソルテック(CIGS系、熊本)、
らは九州に集結している。
今後は九州が日本の「太陽電池アイランド "PV Island"」となっていくのか!?

<ガイアの夜明け放送予定>
11月6日(火) PM10:00~
甦れ!俺たちの工場 ~ "モノ作りニッポン"再生物語
【中国企業に買収 そして捨てられた工場・・・】
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview071106.html

※地方によっては放送日時が変わります。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31