最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« (中国の)無錫新区に来た夜は・・・ | トップページ | むしゃく=無錫 »

ガイアの夜明けで太陽光発電~Yocasol

来週の「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)で,
日本国内(福岡・大牟田)に新しくできた太陽電池モジュールメーカー”Yocasol(株)”(= MSKの旧・福岡工場が分離独立)
の起業の話が紹介されるそうです.

独立の経緯、紆余曲折はともあれ、Yocasolには、
日本の企業として、"Made in Japan"のクォリティ(品質)で、
国内外に向けて頑張っていって欲しいと思う。

個人的には、九州弁の"Yoca"(よか)と、
"ラテン語等で太陽を意味する"sol"(ソル)を組み合わせた
(と推測される)社名もいい名前だと思うなぁ・・・。

それにしても・・・
現在メジャーの太陽電池メーカーの多くが関西方面・・・
 シャープ(奈良)、京セラ(京都)、三洋電機(兵庫・淡路島)、三菱電機(岐阜・中津川)・・・
に集まっていたが、
新進の太陽電池メーカー・・・
 昭和シェルソーラー(CIGS系、宮崎)、三菱重工(a-Si/μ-Si系、長崎)、富士電機(a-Si系、熊本)、ホンダソルテック(CIGS系、熊本)、
らは九州に集結している。
今後は九州が日本の「太陽電池アイランド "PV Island"」となっていくのか!?

<ガイアの夜明け放送予定>
11月6日(火) PM10:00~
甦れ!俺たちの工場 ~ "モノ作りニッポン"再生物語
【中国企業に買収 そして捨てられた工場・・・】
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview071106.html

※地方によっては放送日時が変わります。

« (中国の)無錫新区に来た夜は・・・ | トップページ | むしゃく=無錫 »

太陽光発電と環境」カテゴリの記事

コメント

番組をみた.
番組は大きく2部構成だったが,ここではYocasolの方だけ取り上げたい.

EBO(従業員による工場買い取りと事業再開)によって,新しいひとつの太陽電池モジュールメーカーが,九州・大牟田に誕生した.
彼らの”純粋な気持ち”が,ここまで辿り着かせたのだろうと感じた.
しかし本当に大変なのは,ココカラだと思う.
番組では,中国の親会社に切り捨てられた工場・・・という表現にはなっていたが,「技術を吸収し終わったから」という理由だけではなく,事業運営をしていく上での難しさ等のそれなりの理由もあったのだと推察される.
(※先日,シャープも太陽電池事業での赤字を発表していたし・・・)
しかし,田嶋会長も放送の中で言っていたが,「あきらめたら終わり」である,困難を乗り越えて頑張って前進して欲しい.

追伸:
このEBOをバックアップした「DOGAN(ドーガン)アドバイザーズ」の社名も,九州弁の「どぎゃん(と)?」「どげん(と)?」をもじったものらしい.巧いなぁ.(^_^)

Yocasol社のホームページが開設されているのでURLを紹介しておきます.
http://www.yocasol.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36871/16949053

この記事へのトラックバック一覧です: ガイアの夜明けで太陽光発電~Yocasol:

« (中国の)無錫新区に来た夜は・・・ | トップページ | むしゃく=無錫 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31