最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お初シリーズ2 ◆温泉◆ | トップページ | とんぼ玉を作った! »

小谷温泉 山田旅館

元旦から温泉につかりに行ったもののそこは一部循環式だったので、温泉好きとしてはやはり100%源泉掛け流し♪と、日本秘湯を守る会の宿 「小谷温泉 山田旅館」に行ってきました。

白馬岩岳スキー場で初滑りをした後、国道を20分程北上し・・・、小谷のあたりから山道を入っていくこと20分程・・・山田旅館にたどり着いた。
Yamadaryokan05_2江戸から、大正、明治の頃に建造され、登録有形文化財に指定されているという建物は、とてもいい感じに歴史が感じられ、趣がある。

さっそく温泉に。
源泉は元湯と新湯と二つあり、新湯の方は宿泊者専用となっている。
旧区分でいうところの重曹泉のお湯は、柔らかく、すべすべ系の湯で、浸かっているだけで温泉が皮脂や角質などを乳化して洗い流し、肌がきれいになるという「美肌の湯」。湯上がりはスッと汗がひく清涼の湯

今シーズン初滑りのスノボ疲れをとる為に、夕食前後、翌朝と、じ~~~っくりと長湯をした。おかげで翌日も元気良く滑ることができた。

Yamadaryokan01夕食は大広間で、御膳にほぼ全ての料理が並べられた「ヨーイ・ドン式」。そのため天麩羅が冷めてしまっていたのが残念。写真のとおり分量は十分満腹。蕎麦とキノコが入った吸物が美味しかったのと、デザート(?)についていたきなこ大福餅が柔らかくてオイシー

Yamadaryokan02朝食も普通な感じの和食。山芋が美味しかったなぁ・・・。

小谷温泉は戦国時代(1555年)に武田信玄の家臣によって発見され、”現夢(うつつ)の湯”と歌にも読まれる温泉らしい。元湯は明治26年ドイツで開催された温泉博覧会に日本を代表する4大温泉(別府、登別、草津、小谷)のひとつとして出展されたとのこと。この4大の根拠には疑問も感じなくもないが、古くから認められている名湯であることは間違いないようだ。

Yamadaryokan03◆元湯
泉質: ナトリウム-炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)(※重曹泉)
泉温: 44.8度
知覚: ほとんど無色透明、炭酸味・微鉄味を有す
水素イオン濃度: PH 6.8
湧出量: 109 L/min
主成分: Na+ 708、HCO3-(炭酸水素) 1961、遊離CO2 327.4
浴槽: 源泉が落ちてくる打たせ湯(?)がある内湯(1人分の寝湯スペース)
掛流: 浴槽隅に落ちてくる源泉の打たせ湯がオーバーフローしている。
飲泉: 打たせ湯を飲むことができる。消化器系、肝臓、糖尿、痛風にいい。

Yamadaryokan04◆新湯
泉質: ナトリウム-炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)(※重曹泉)
泉温: 48度
知覚: ほとんど無色透明、炭酸味・微鉄味を有す
水素イオン濃度: PH 6.7
湧出量: 55.3L/min
主成分: Na+ 816mg、HCO3-(炭酸水素) 2252mg、遊離CO2 564.1
浴槽: 内湯と露天風呂
掛流: 内湯に湯口があり、一部は露天浴槽へいき、残りはオーバーフロー

■BuChi秘湯評
訪問日: 2008/1/4 Fri. ~ 5 Sat..(1泊)
湯: ★★★★★
宿: ★★★
総合: ★★★ 

« お初シリーズ2 ◆温泉◆ | トップページ | とんぼ玉を作った! »

温泉」カテゴリの記事

コメント

初すべり???いいですね~うらやまし~

 スキーの後の温泉って本当にサイコーですよね!重ねがさねうらやまし~(笑)白馬っていいですよね、私も好きです。

 

>kaokaoさん
この温泉の前後に、岩岳と栂池で今シーズンの初滑りをしてきました!
久々のスノボはボロボロでした。体力落ちてるし。(ショック)
スキーのあとの温泉・・・確かにサイコーです。
kaokaoさんも、そのうちにまた行けますって~。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36871/17676828

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷温泉 山田旅館:

« お初シリーズ2 ◆温泉◆ | トップページ | とんぼ玉を作った! »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31