最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の12件の記事

サイクリング de 通勤

サイクリング de 通勤
こんな道をサイクリング通勤〜。

「いいね!」でしょ?

今日から趣味はサイクリング♪

今日から趣味に「サイクリング」が追加になりました~!

約1ヶ月前に注文し,待ちに待った「クロスバイク(≒自転車)」が,やっと納車になりました.

\(^0^)/ \(^0^)/ \(^0^)/

この夏の遊びはサイクリングで決まりなのです!

じゃじゃ~ん!

↓ ↓ ↓

20110625191222s_2

リオの伝説のスピーチ~セヴァン・スズキ@地球サミット

”エコ活動”を扱ったTV番組で「リオの伝説のスピーチ」のことが紹介されていました.
 
BuChiは知らなかったのですが,1992年ブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国際連合会議」、通称「地球サミット」での日系カナダ人の12歳の少女,セヴァン・スズキ(Severn Suzuki)のスピーチのことだそうです.
 
ネットで調べたところ,そのその内容はとても大切なことを言っており,BuChiも大いに共感です.
 
しかし,伝説のスピーチからおよそ20年が経った今,日本を含む「北の国々」はどれだけ変わることができたでしょうか?
少しずつはよくはなってきてはいるとは思います.が,まだまだ十分と言えるレベルではないと思います.
人々の意識を変えること,壊れた環境を修復すること.それには多くの時間がかかります.
だからこそ,少しでも早く,今この瞬間に,小さな1歩を踏み出さなければならないのではないでしょうか・・・.
 
未来に生きる子供たちのために」・・・そのためにBuChiは太陽電池,太陽光発電の普及拡大の一助となれるよう「技術」の面から貢献していきたい,そうあらためて思うのです.
 
以下にネットでみつけた,彼女の「伝説のスピーチ」の全文を転載します.
 
--------------------------------------------------------
リオの伝説のスピーチ(全文和訳)
--------------------------------------------------------
 こんにちは、セヴァン・スズキです。E.C.Oを代表してお話しします。ECOというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。
 
 今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。
 私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。
 太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。
 私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。
 こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。
 オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。
 どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。
 
 ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。
 私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。
 
 私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。
 
 それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。
 カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。
 2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。
「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」
 家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

 これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。
 もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。
学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。
たとえば、
 
 争いをしないこと
 話しあいで解決すること
 他人を尊重すること
 ちらかしたら自分でかたずけること
 ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
 分かちあうこと
 そして欲張らないこと

 
 ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。
 なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。
 親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。
 父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。
 
 最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。
 
--------------------------------------------------------
 
出典:
和文)http://www.fp-kotsu.com/images/ess/speech%20in%20rio_j.pdf
英文)http://www.fp-kotsu.com/images/ess/speech%20in%20rio_e.pdf
 
参考:
スピーチ動画)http://youtu.be/C2g473JWAEg
扱ったエッセイ)http://www.fp-kotsu.com/essay/e31.html

梅雨休みの夕焼け

梅雨休みの夕焼け
去年と違って、今年の梅雨は雨がじゃんじゃん降って梅雨らしいですね。

ここ二週間は(特に週末は)雨ばかりでしたが、
今日の午後は久しぶりに青空に晴れました。

ピンク色の夕焼けが、とてもキレイです。
(ケータイカメラではよく写りませんが・・・)

夏が近づいていますね。

今ごろ田植え!?

110620_123505

自宅の近所で田植えをやっています.
もう6月も後半ですよ!?

(愛媛は)南国だからなのか? 育ちが早い品種なのか?

BuChiの中での田植えの季節(4月頃)には,このあたりの「田んぼ用地(?)」は,麦畑や,レンゲ畑でした.

それはともあれ・・・今年も,夜中の蛙の大合唱がうるさくて安眠が妨害される季節がやってきました・・・.

Facebookはじめました~FB登録したけどヨクワカラナイ方々へ

中国,インド,Facebook」・・・こんな言葉を耳にしたことは無いでしょうか?
 
"Facebook(フェイス・ブック)"(以下,FB)とは,今や,その登録者数は全世界で6.5億人を超えた世界一巨大なSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス).
 
中国の人口が13億人、インドが12億人、FBが6.5億人・・・FBを国と考えたら,その巨大さは世界第3位の新興国と言える・・・とのこと.
国と言うかどうかはともあれ,巨大なコミュニティであることは間違いなく,すごいネットワークだと思う.
 
SNSと言えば,日本ではmixi, GREEが,人気,登録者数ともに突出している.FB利用者はまだまだ,まだまだ,少数.
 
FBがmixiやGREEと一番大きく違うのは「実名登録」.
世界最大のSNSと聞いて,よしやってみよう!と思って,最初に躊躇するのがこの点ではなかろうか?
実際BuChiも実名登録に抵抗を感じて,モルディブの友人から最初にFBのお誘いメールを頂いてから,2年近くも登録を保留にしていました.
 
最近,近所の書店でFB本コーナーができていて,「中国,インド,~」や「FBをビジネス活用」というようなタイトルをみて,あらためてFBが気になっていました.
そんなところにちょうど,遠方に住む親友からFBお誘いメールがきて・・・今回,FB登録に踏み切ってみました.
 
そしていざ登録,利用しようとしてみると・・・,FBの仕組みも,良さも,使い方も,
 
 「さっぱり理解できない
 
・・・そんな壁に当たりました.
少なくともmixiよりは「わかりにくく,取っつきにくい」というのが初期の印象.
 
せっかく登録したのに一体何なんだ? ビジネス活用って???と疑問ばかりが膨らんでいく中で出会ったのが,下記のFB解説webページ.
 
Facebookの使い方
http://rionaoki.net/2010/05/4102
 
FBの(自分の)"ホーム" を "寮の部屋"に例えた解説.
BuChiにはたいそうヒントになりました.
 
 
そんなおり,今度は小学校卒業以来,疎遠だった当時のクラスメートから,FBを通じてメッセージが・・・.
実名登録の ”威力”を初めて体験し,ちょっと感動しているところです.
 
あとは・・・ビジネスにどう活用できるのか?という命題はあるのですが・・・それは追々.
 
ま,FBも,mixiも,blogも,それぞれに使い分けていけたらいいかなぁ・・・と思っています.(実は内心困っているのが,ここ数年アップデートできていないHomepageもあるのですが・・・苦笑)

こうなってくると次は言わずもがな・・・twitterですが・・・.
なんだかよくワカラナイので,これはまだしばらくは傍観しようかと・・・.(^_^;)

原発に対して東電の犯した大罪

-----------------------------------------------------------
東電の不作為は犯罪的」IAEA元事務次長
産経新聞 6月11日(土)20時39分配信

 福島第1原発事故をめぐり産経新聞のインタビューに応じた
国際原子力機関(IAEA)元事務次長でスイスの原子力工学専門家、
ブルーノ・ペロード氏との一問一答は次の通り。

 --福島第1原子力発電所事故で日本政府がIAEAに事故に関する
調査報告書を提出したが

 「私は事故後の対応について日本政府や東電を批判するつもりはないが、
両者が事故前に対策を取らなかったことは深刻だ。
特に、東電の不作為はほとんど犯罪的だ」

 --なぜ、そう思うのか

 「福島第1原発の米ゼネラル・エレクトリック(GE)製
沸騰水型原子炉マーク1型は圧力容器と格納容器が近接しており、
水素ガスが発生すれば圧力が急激に高まる危険性が1970年代から
指摘されていた
。福島で原発の建屋はクリスマスプレゼントの箱のように
簡単に壊れたが、スイスでは90年代に格納容器も建屋も二重するなど
水素ガス爆発防止策を強化した

 --東電はどうしたのか

 「当時、スイスで原発コンサルティング会社を経営していた私は
この作業にかかわっており、マーク1型を使用する日本にも役立つと考えた。
1992年ごろ、東電を訪れ、
(1)格納容器と建屋の強化
(2)電源と水源の多様化
(3)水素再結合器の設置
(4)排気口へのフィルター設置-を提案した」

 --対策費は

 「非常用の送電線は2千~3千ドル。排気口のフィルターは
放射性物質を水で吸着する仕組みで電源を必要とせず、
放射性物質の拡散を100分の1に減らせる。
今回の震災でも放射性物質の拡散を心配せずに建屋内の水素ガスを
排出できたはず
だ。費用は300万~500万ドルで済む」

 --東電の対応は

 「東電は巨大で、すべてを知っていると思い込んでいた。
神様のように尊大に振舞った。東電が原子力安全規制当局に
提出していた資料には不正が加えられていた

これは東電が招いた事故だ

(ロンドン 木村正人)
------------------------------------------------------------
 
 
 
いったい東電は何をやってんだか・・・・・・・呆れるばかり.
 
 
BuChiも事故後の東電の「現場対応」を非難するつもりはない.現場はがんばっている.
 
が・・・,東電の経営,マネジメントには,大いに不信感.

「体がでかくなりすぎて身動きできなくなった肥満豚のような対策動きの鈍さ」,
「現場を直視せず,お上しかみていないお役所対応・・・」,
「事故が起きて結果的に立証されたウソツキ」
 
競争の無い,半公営的な立場に甘んじ,・・・組織として腐り切ってる,そんな風に見える.
 
長年,それで成り立ってきたわけだから,社内人による自浄機能もないんだろうなぁ・・・.
 
 
これからの夏,電力不足になるって言ってるけど,,,それすら眉唾ものだと思ってしまうわ・・・.
 
 
将来のエネルギーは,やはり,巨大発電所ではなく,地産地消(需要地立地)の分散電源化が必要と思う.(←これはBuChiが学生の頃,今から20年近く前から言っていること)
そしてその分散電源(≒ミニ発電所)は,エネルギー利用効率が発電機の規模によらず一定(小さくても高効率)で,究極にクリーンな・・・そんなエネルギー技術・・・「太陽光発電(太陽電池)」をみんなに選んで欲しいと願うのです.

○×ダイエット

会社で夜勤の若者が「プロテイン・ダイエット(イチゴ味」を飲んでいた.(^_^;)
 
「効果あんの~?」って聞いてみたら,「5kg減量した」って言うから
 
マジッ!? (@o@)!! って驚いたのだけれど・・・.
 
 
よくよく聞いてみたら・・・,晩御飯としてプロテインダイエットを飲んで,
かつ,
毎日8km走ったらしく・・・,
 
どっちが効いたか?っていうと,”8km走”の方だというのは本人も認めるところでした.
 
 
彼曰く,
ダイエットのために晩飯をおにぎりにするよりは,コストはかかるが,栄養のバランスがよいらいしい・・・.
それと,友近もCMやってたプロテインダイエットのイチゴ味は美味しいらしい・・・.
 
 
最近,体重が高め安定(爆)なので,,,何か対策やるかなぁ・・・.
変なダイエットをやるよりは,基礎代謝を上げたいんだよねぇ・・・.

イタリアで反原発の国民投票・・・圧倒的可決.

ブラボー! イタリア!!

---------------------------------------------------
伊、原発再開を断念…国民投票「反対」9割超
読売新聞 6月13日(月)21時24分配信

【ウィーン=末続哲也】
原発再開の是非を問うイタリアの国民投票は13日、
2日目の投票が締め切られ、伊ANSA通信が伝える投票率は
約57%で、国民投票は成立した。

 出口調査によると反対票は9割を超すと見られ、
再開反対派の圧勝が確実な見通しとなった。
ベルルスコーニ首相は13日、投票終了を待たずに
「イタリアはおそらく原発計画と決別し、
再生可能なエネルギー分野の開発に取り組む必要があるだろう」
と原発再開断念の意向を表明し、事実上の敗北宣言を行った。

 福島第一原発の事故後、原発をめぐる国民投票が行われたのは初めて。
欧州ではスイスとドイツ両政府が将来原発を廃止する方針を決めており、
イタリアの原発拒否の立場が固まったことで欧州各国で
反原発世論が勢いづく可能性もある。
---------------------------------------------------

 

いやぁ・・・すごい話です.

「1986年のチェルノブイリ事故を受けて、国内の原発をすべて廃止したイタリア。しかし、慢性的な電力不足に悩まされ、2003年にはほぼ全土で大停電が発生。各地で都市機能がマヒしました。」

という経験もしているのに「圧倒的可決」です.

「便利」,「経済」よりも,「命」という判断だと思います.

至極,まっとうな判断だとBuChiは思うのです.

 

原発が「クリーンで,安全で,安い」なんて,よくもニッポンはここ数十年言い続けてきたものです.

本当に,クリーンで安全に運用しようと思ったら,そのコストは膨大になり,ちっとも「安く」なるはずがありません.
(それを知ってて,知らんぷりしてたのがニッポンの原子力行政)
(本当に安全なら霞ヶ関に,東京湾に,原発作ってみなさい!)

今回の福島原発の事故の甚大さ,その回復にかかる時間,コスト,労力,,,そして被害を受けている多くの方々の心の問題・・・.

 

手前味噌ですが,太陽光発電(太陽電池)をはじめとする再生可能エネルギーによる「分散電源化」が,人類のエネルギー利用の本当の解ではないのかと,BuChi考えるのです・・・.

学生の頃から,ずうっと願ってきた「太陽光発電の普及拡大」に弾みがつくといいなぁ・・・と思います.

第20回Yosakoiソーラン祭り

いつの間にかに・・・今年のYosakoiソーラン祭り(in札幌)が終わってしまっていた!!

 

今年の大賞は・・・「夢想漣えさ」とのこと.←今年の演舞は知らないけど好きなチーム

おめでとーっ!

 

ところで,,,上位の審査結果をみて,もっと驚いた.

”天神”も”天舞”もいないファイナルコンテストだったとは・・・!!

(天神=平岸天神.天舞=新琴似 天舞龍神)

 

いやぁ・・・やっぱり観たかったなぁ・・・.

全国放送のTVでやらんだろうか・・・?

http://www.yosakoi-soran.jp/

最初はグー・・・は志村けん

じゃんけんの「最初はグー!」を発案して世に広めたのは,あの・・・志村けんらしい.(驚)

ドリフターズによる伝説的コント番組「8時だよ!全員集合」のじゃんけんコントで,「最初はグー」を連呼してるうちに世の中に浸透していったとのこと・・・.

 #たしかに,BuChiが幼児のころには無かったし・・・.

おそらく,永遠に残るニッポンの新しい文化を創造したことになるのだなぁ・・・(感激)

何の花でしょうか?

何の花でしょうか?
名前はわかりませんが、大きくてキレイな花が咲いています。(朝顔ぐらいの花サイズ)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31