最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の7件の記事

春ですね〜

春ですね〜
春ですね〜。
何ていう花なんだろう?

(会社近くの花畑?)

落ちるリンゴを待つな

昨夜会社の新人歓迎会のスピーチで,こんな話をしようと思っていたのだが・・・,結局,全然別の話をしてしまった・・・(爆)

ネタを下準備していたのがくやしいのでココに掲載.(^_^;)

20120412___3

 

一番美味しいリンゴを取るために,積極果敢に木に登っているか!?・・・自らも・・・反省.

 

夕暮れ、ヒザ小僧・・・のくだり,,,憧れるけど・・・,イマドキの若者は迷惑がるんだろうなぁ・・・(淋)

 

-----
出典: 日経新聞 2012年4月2日(月)のサントリーの広告

「落ちるリンゴを待つな。」

大変なことがあった東北の地にも、今、リンゴの白い花が咲こうとしている。
皆、新しい出発に歩もうとしている。
君はリンゴの実がなる木を見たことがあるか。
リンゴ園の老人が言うには、一番リンゴらしい時に木から取ってやるのが、
大切なことだ。落ちてからではリンゴではなくなるそうだ。
それは仕事にも置きかえられる。
落ちるリンゴを待っていてはダメだ。
木に登ってリンゴを取りに行こう。
そうして一番美味しいリンゴを皆に食べてもらおうじゃないか。
一,二度、木から落ちてもなんてことはない。
リンゴの花のあの白の美しさも果汁のあふれる美味しさも
厳しい冬があったからできたのだ。風に向かえ。苦節に耐えろ。
常に何かに挑む姿勢が、今、この国では大切なことだ。
夕暮れ、ヒザ小僧をこすりつつ一杯やろうじゃないか。

新社会人の君達に乾杯。
伊集院静

伊予西条にウマイさぬきうどん屋がオープン「さくら製麺所」

伊予西条にウマイさぬきうどん店が,本日オープン!
オープン初日の開店時間に,早速行ってきました. ←やじ馬根性(^_^;)

Img_4744ss_2

さくら製麺所

店名は「製麺所」となっていますが,いわゆる「セルフ店」です.

(※セルフ店: 最初にうどんをカウンターで注文して受け取り,トッピング具材を自分で載せる等し,会計してから着席・・・という讃岐では定番のスタイル)

麺はお店の中で手打ちしており,うどんを打ち,トントンと手切りしているのを見ることができます.

Img_4756ss_2

Img_4753s_2

初回訪問だったので,壁のメニューに「一押し!」と書いてある「ぶっかけうどん(冷,大) 420円」にしました.
それと,「(野菜)かきあげ 100円」を追加.

Img_4760s_2

じゃじゃーん!

Img_4763s_2

 

お店で手打ちしている麺は,しっかりとコシがあり,ツルツル感もある・・・いわゆる「讃岐スタイル」の食感で,とっても美味しい.(嬉!)
ぶっかけ出汁しょうゆの味加減もほどよくいいカンジ!
大盛は意外とボリュームがあり,お得感goodでした.

(野菜)かきあげは,少し甘めの衣と,いろんな色もの野菜が入っており,これまた美味しい.
(地産地消と書いてあったので,おそらく地元西条の新鮮野菜が満載と思います)

これまで,うどんと言えば,讃岐エリアに遠征するか,隣町新居浜にある製麺所スタイルの「麺や吉村」まで足をのばしていましたが,近所にこんな店ができると遠出の必要がなくなるなぁ・・・というぐらいに大満足♪

もう少し本物の製麺所スタイルで,値段が讃岐並に抑えめだったらいいのになぁ・・・.

いやいやそれでも,これは通っちゃうなぁ・・・.\(^0^)/

 

---店情報---
さくら製麺所(2012.4.14 オープン)
営業時間: 11:00~15:00 (LO 14:30),17:00~21:00 ( LO20:30)
場所: 愛媛県西条市朔日市280-4
公式HP: http://www.sakura-seimenjo.com
(Facebookもあり)

伊予西条に焼鳥新店!とりっこ

伊予西条に焼鳥新店!とりっこ
伊予西条に新しく焼鳥店がオープン。
さっそくやってきました。

「やきとり屋とりっこ」・・・田舎ではチェーン店歓迎!

塩かわ、タレつくね、とりもも、タレレバー、、、

タレは甘めの関西風。
肉質よろし。
焼きも、まぁヨロシ。(「秋吉」には負ける)

うん、なかなか美味しいゾ。

数ヶ月前に「博多一番どり」が撤退してしまい、残念に思っていたが、こっちの方が上だわ。
最近、「扇や」も質が落ちてきた気がするし・・・。

うれしいね〜。

アサヒ天国の西条で、モルツ生が飲めるのも、何気にポイント高かったりする・・・。

新幹線ビールで一句

新幹線ビールで一句
黄昏れに、カシュッ!とビールか、のぞみ号。
・・・・・・
「新幹線ビール」は、ゲンダイの疲れたサラリーマンの習性と言っていいだろう。
夕方の新幹線車内のあちこちであがるカシュッの音が、サラリーマンの悲哀を響き渡らさせている・・・。
その新幹線が「のぞみ」というのが、実にシニカルだ。

アンパンマン列車(特急しおかぜ)

アンパンマン列車(特急しおかぜ)
久しぶりの出張。関東方面へ長旅です。

特急しおかぜに乗ったら、
「アンパンマン列車」(外装も内装もアンパンマン)
でした。

でもコレ、要は旧型車両の有効活用のため、車両の構造は古く、当然、PC用電源コンセントなんかついてない。

ああツイてない。

まあ、のんびりするか・・・。

人生がときめく、片付けの魔法

「こんまり」こと近藤麻理恵著の「人生がときめく、片付けの魔法」を,やっと読んだ.

本屋で見つけて・・・,買おうか?,しかし・・・・・・・

「モノを捨てて片付けをしようというのにモノを増やしてどうすんだ!!」

と思い,図書館で予約を入れて待つこと4ヶ月.(約20人待ち)

ようやく読むことができました.

 

「そもそも(余計な)モノが多すぎるから片付けられない」

というのは,『断捨離』はじめ,他の片付け本にも書いてある.

斬新なのは,

モノに触った瞬間に『ときめき』を感じるかどうかで,残すか捨てるかを判断しなさい,

というところ.

しかも,捨てるモノを選ぼうとするのではなく,「ときめきを感じて残すモノ」を選ぶようにしなさい

と言っている.

捨てることが大事なのではなく,ときめきを感じるモノモノに囲まれて,幸せを感じながら前向きな生活を送りなさい

ということ.なるほど,納得.

 

ノウハウ的なところで面白いな,と思ったのは,

「捨てるモノを家族に見せてはいけない」

「片付けの順番は,衣類→本→書類→小物→思い出品,を絶対に守りなさい」

「書類は全捨てが基本でまったく問題ない」

というあたりでしょうか.

 

そして最後に,「自分の持っているモノ,自分を支えてくれているモノに感謝しなさい」というようにきれいにまとまっている.

決めつけ口調の文章が鼻につくところはあるが,「片付け実践論」としては,非常にオモシロイ.

世の中で,これを手にとって読んだ人の何割が,片付けに成功し,幸せな人生に転換することができたのか・・・?
いい意味で,興味あるなぁ・・・.

 

参考) このblogでの初出
http://buchi.air-nifty.com/yokuasobe/2011/11/post-0c46.html

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31