最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「アウトドア遊び」の21件の記事

西日本最高峰 石鎚山 に登ったぜよ!

石鎚山(いしづちさん)・・・四国の,いや,西日本の最高峰だという.

自宅マンションの窓から,岩屏風のような石鎚山を眺めること,はや10ヶ月.

 

Ishizuchi10091200s

 

(よく整備された)山道を歩き,垂直にそそり立つ岩の鎖場を登り・・・

 

Ishizuchi10091202s

 

その岩山の頂上にやっと辿り着いたのだ・・・.

 

そらぁ・・・・・・・・飛びたくなるぜよ.

 

うぉらぁッ!!!

Ishizuchi10091201s

 

・・・・・・・いや,,,まぁ,そんなには気合い入っていませんわ・・・.(^_^;)

 

標高1982m.日本百名山のひとつ.

霊峰と冠されるだけあって,厳かな雰囲気の山でした.

ロープウェーで上がれる山の中腹にある成就社には,「見返遥拝殿」があり,

祭壇の奥に頂がみえる.(なんとカッコよすぎ・・・)

 

Ishizuchi10091203s

 

下山をしたら,ロープウェイ乗り場の近くにある「温泉旅館 京屋」で温泉に浸かるがよろし・・・.(500円)

Ishizuchi10091204s

「含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(高張性中性冷鉱泉)」で,
ナトリウムイオン5968,塩素イオン7644,炭酸水素イオン6178 と中々濃度高い,いいお湯なんだが・・・・・・・・・・・

 

残念ながら,浴槽がブクブクの循環式で,お湯のライブ感が無く,残念至極.

 

石鎚山は紅葉も見事らしいし,また別の季節にも登ってみようと思っています.

初滑りで滑り納め@野沢温泉

昨日は,野沢温泉でスノーボードを楽しみました.

3月末になって,今シーズン初滑り.

で・・・,たぶん,滑り納め.(^_^;)

#今シーズンは100湯の温泉修行で忙しかったのです!

 

今年は雪が少なく,かつ,不況の影響で,スキー場は散々だったらしい.

ゲレンデの食堂で,「500円ランチ」なんて看板をみると,涙ぐましい努力だなぁ・・・と感じます.

前夜に,恵みの雪が降ったので,ゲレンデは,今シーズンのこの時期の野沢にしてはgoodだったとのこと.
それでも,一部コースは閉鎖ですし,滑走可能となっているところでも,ところどころ土が見えているところもあり・・・.
雪質は,下の方は重雪,一番上のやまびこゲレンデはまあまあといったところ.

#今日からは「春スキーシーズン」でリフト券が安くなるそうなので,ムリも無いか・・・.

 

ちなみに,野沢温泉スキー場はコースが多く,アフタースキーは良質の源泉掛け流し温泉で疲れを癒せるので,BuChiのお気に入りのスキー場のひとつなのです.

 

そんなゲレンデで1日滑ったわけですが,後半は膝上の筋肉が痛くなり,板の抑えが利かなく,雪面のなすがままのズルズル滑りでした.(情けなや)

で・・・,今日は案の定,筋肉痛の憂き目にあっています.(さらに情けなや)

 

こんなんじゃイカンイカン.

新年度,4月になったら,ちゃんとコンスタントに運動,スポーツをして,健康増進しよう!!

今シーズンの初・雪山遊び

(そういえば)先日、今シーズンの初・雪山遊びに行ってきました~。

白馬岩岳(1/4)と栂池高原(1/5-6)。

白馬岩岳は・・・あちこちで配布されているチラシの平日割引チケットを使うと、リフト1日券+食事券900円のセットで3600円と格安です!! 当日はガスがでて視界が悪く、また、ゲレンデの標高が低めなため、雪が重めでしたが・・・。

Tsugaike02 栂池高原では・・・学生時代からの友達(いさみ殿)と合流し、ひさびさに一緒に滑った。いさみ殿は今シーズンは栂池のシーズン券を買って、毎週末に、圧雪バーンをスキーで爆走しているらしい。そのため滑りが以前より格段に速くなっており、フリースタイルのボードのBuChiは、アッという間において行かれてしまう(こちらもボードをアルペンに変えなきゃダメか?)。

ちなみに、BuChiは栂池初体験だったのだが、コースが広く、しっかりと圧雪、手入れがされていて滑りやすい・・・という印象でした。 

Tsugaike03BuChiの初滑りでのコンディションと言えば・・・(写真の通り)!
昨シーズンは雪が少なかったり、出張が多かったりで、あまり雪山通いができなかったこともあり、さらに日頃の運動不足で体重が増え、筋力が落ちていることもあり・・・。まったくもって情けなや・・・な滑り。がんばらねば・・・。

 

栂池でゴンドラに乗っていると、よく知った「」を発見! まさかこんなトコロで彼と出会うとは!!!
彼は特に厚着やスキーウェアを着るでもなく、スキーやスノボをもつでもなく、いつもの通りのスタイルで悠然とゴンドラに乗っている。
一応、手を振ってみたが反応がない。どうやら気が付かなかったらしい・・・。

Tsugaike01_2記念に彼の写真をカメラに納めてみた・・・♪ (^_^)
(残念ながらイマイチな写りですが)

 

 

栂池でさんざん滑った後、栂池温泉・元湯栂の森(単純温泉:低張性・弱アルカリ性・高温泉)で一風呂浴びて、それから、腹ごしらえをしに、いさみ殿オススメの洋食屋「グリンデル(GRINDEL)」へ・・・。

Grinder01_3ウワサの「しょうが焼き定食(\900)」をたいらげました♪

 

量がBigなことで話題になりがちなグリンデルですが、味もとてもナイスです。はっきり言ってBuChiからもオススメします。

Grinder02店内では自家製のケーキや、燻製、ソーセージ類なども売っており、とても美味しそう・・・。

次回は「ベーコンステーキ定食(\1050)」を食べてみたいなぁ・・・。

GRINDELの場所は、R148沿いで岩岳と八方尾根の間ぐらいの山側で、ちょっと気をつけていれば簡単に見つけられると思います。

 

ちなみに・・・岩岳と栂池の間には、小谷温泉にも泊まったし、白馬をEnjoyした週末でした!

南アルプスの北岳、間ノ岳を縦走

8/14~15に、南アルプスの・・・ Kitadake03

 北岳(きただけ、標高3192m、日本2位)

 間ノ岳(あいのだけ、標高3189m、日本4位)

を縦走してきました。(山小屋・北岳山荘に1泊)

BuChiにとっては初の山岳縦走
しかもそれらの山が日本の高峰トップ10のうちの2つKitadake01

普段、スポーツや体力作りにいそしんでいるわけでもなく、ガンガン登山しまくっているわけでもなく、
運動不足で体重も増え、体力も徐々に落ちてきていると思われる我ながら、なかなかチャレンジングだと思われます。(^_^;)

下界では味わえない絶景あり、可愛らしい沢山の高山植物あり、夜空にはきれいな天の川があり、流星があり。
ご来光Kitadake02の中に浮かぶ神秘的なフジヤマあり、どこまでも透き通っているようなスカイブルーの空があり、そこにぽっかりと浮かぶ真っ白な雲があり、自分に後光が差したようにみえるブロッケン現象あり。霧の中の難歩行あり、慣れない重荷物の苦しみあり、立ち上がれなくなるぐらいの疲労困憊あり、いくつかの想定外のトラブル(T0T) Oh, My God!! あり・・・。
登頂達成の喜びあり、無事に下山できた幸せ感あり、自然への畏敬あり、そして・・・
パートナーとして一緒に登ったワイフへの感謝あり。

日常のサマザマを忘れ、ひたすらに目の前の山に挑む。
頂は見えども、道のりはときに長く苦しく、Fujiyama01

 「いったい何でこんなことやってんだ??」

と、思わず口にしながら、自分の心に真っ直ぐに向き合う

登山というのは、体力増進にも、精神鍛錬にも、いいものだと感じます。
BuChi自身、今回も、とてもいい経験ができたと思っています。

ちなみにBuChiはこれで、昨夏の富士山(3776m)に続いて、日本のトップ10のうちの3つに登頂したことになります。Ainodake01
1位、2位、4位・・・となれば、次のターゲットは当然、

 北アルプス・奥穂高岳(おくほだかだけ、3190m、日本3位)

です! (・・・なんて言い切っていいのか!?>自分)

今回の反省を基に、体力作りと、減量(!)と、十分な事前調査、計画、準備をして、臨みたいと思います。Kitadake04(いや、臨まなければ!)

ミナサマ、たまには山登りなどいかがですか~???

追伸:
今回の山登りの2日間で約2.kgの減量にも成功(!?)しました。ビリーも真っ青か!?(笑)

ぎょうむれんらく

過日、かきかけのままアップされていた記事、「バイクトライアル観戦!」、「宇都宮餃子」に記事を追加しましので、よかったら覗いてやって下さいませ~。

熱気球@佐久

Saku_balloon_daytime_2006毎年5月3~5日の日程で、長野県佐久市で「バルーンフェスティバル」 すなわち 熱気球祭り&競技大会 が開催される。

去年初めて観に行ってみたのですが、競技の開始時に、青空にたくさんの熱気球がいっせいに離陸していく様子・・・。
夜、バルーンに火が入り、幻想的に、提灯のように浮かび上がる様・・・。Saku_balloon_night_2006

どちらもとても美しい光景で、思わず、わぁ~っと歓声を上げてしまいます。。。

今年も5月3~5日で開催予定とのこと。
GW後半、BuChiのオススメイベントですよ~♪

佐久バルーンフェスティバル公式HP:
http://www.saku-balloon.jp/

(※写真は2006年にBuChiが撮ったものです。)

早朝ゴルフ練習

昨日、某有名ネットコミュニティの地元サークルで、即席バーベキュー(BBQ)会があり参加させてもらいました。
このサークルにはワイフはちょこちょこと参加させてもらっているようだが、BuChiは丁度1年前のお花見BBQ以来の参加・・・。それにも関わらず、一応、ある程度は(?)覚えていていただいたようで、焼肉と”焼きそばマスター(?)”による焼きそば等々を楽しませていただきました。

そのメンバーの数人は、1年ちょっと前からゴルフを始めたそうで、ちょうど1年前にも、

 「今ならみんな同レベルでのスタートだし、一緒に始めようよ」

と誘われていました。

 

が・・・、BuChiのゴルフに対する印象というのはすこぶる悪く、
 「いい歳になった金持ちのオジサンのやるお遊び」
 「人をおだてながらのツマラナイ接待ゴルフ」
 「本来は優雅な貴族のスポーツのハズなのにセコセコやってる人が多い」
 「スポーツというには運動量が少ない」
 「駅で傘を持って素振りしたくない」
 「プレー代、道具、ウェア等々が無駄に高い」

・・・というような感じで、まったくもってヤル気になれない、ヤル気を持ちたくない・・・というのが、周囲の一部の友人達がゴルフを始めた学生時代、新入社員時代の頃から、
ずう~~~っと抱き続けている信条である。

しかし、1年前の花見BBQのときもそうだったし、それ以外のときにも、ワイフはことあるごとに
 「ゴルフをやりたい、始めたい」
と言っている。

かつ昨日は、みんなから、
 「夫婦でプレーできるのはいいよ~」
 「これからずうっと一緒にできるスポーツだしね・・・」
 「俺も本当は奥さんをソノ気にさせて一緒にやりたいんだ」・・・etc
と説得(?)され、気が付けば、

 「じゃあ明日朝6:45に練習場で待ってるから!」

という話になっていた。

 #おいおい、BuChiはまだゴルフをやるとは言ってないぞ!?

ワイフは

 「私は明日は仕事があるから、ひとりで行っといで」

とニコニコしている。

 #なんたる無責任・・・。(ー_ー;;)

 

・・・といういきさつから、早起きをしてゴルフ練習場へと足を運ぶことになった。

 

早朝・・・。

今日は天気がいいこともあり、ゴルフ場へ向かう迄の間、牧場や農場の風景の中を走っていくドライブは、昼間とは違って”まだ動き出していない新鮮な空気”の爽快感がある。

ゴルフの練習場についてみると、昨日の仲間達はもう練習をスタートしていた。

パシィッ! という音を残して、空の中に伸びていくいくボール・・・

都会の練習場のようにネットが張ってあるわけではなくボールはどこまでもどこまでも飛んでいく。
しかも打席に対して打ち放つ方向はなだらかに下り坂になっており、これなら平地よりも飛んでいるようにも感じられ、気分もよさそうだ・・・。

BuChiのゴルフ歴(?)は、過去に4~5回、打ちっ放しの練習場に遊びに行ったことがあるというだけで、もちろん人に教えてもらったことなどなく、全くの素人である。

クラブと手袋を借り、まずはクラブの握り方から教えてもらう。

まず素振りから・・・と
 「こうこうこうして振るんだよ・・・」
 「力を抜いて円を描くように振るんだよ・・・」
と簡単に言われ、振ってみるが、
余計なところに変に力が入って、”ぎこちないことこの上なし”なのは振ってる本人がよーく解っている。(爆)

隣の打席にいた初老の紳士からも、
 「あそこで打ってる人のスイングをよくみてごらん・・・」
とか、
 「こうやって打つんだよ」
と言って実際に打ってみせてくれたりする・・・。しまいには、
 「もう帰るから、このボール使って練習しな・・・」
と言って、数十球のボールを置いていってくれた・・・。(なんてジェントルなんだ!!)

ボールを打ってみる。

もしかしたらカーブの天才なんじゃないか?というぐらいに、打球は右へ右へと曲がっていく。
ピッチングという、たぶん飛距離よりも高く打ち上げる為のクラブを使っているというのにボールは水平ちょっと上ぐらいの高さしか上がっていない。もちろん飛距離も、比較的よく飛んだとしても30ヤード前後ぐらいだろうか・・・?

しかも明らかに、

 「教えてもらった素振りとは違う振り」になっている。(自爆)

ボールを目の前に置くだけで、全然違った振りをしている自分に気がつきはするのだが、
何度やっても体が言うことを利かない。
しかも相当にデキの悪いロボットのような動きをしているハズだ。
いや、デキが悪いロボットでも、もっとマシな振りをするだろう・・・と思うと相当に凹む

ともあれ・・・、振る度にアドバイスをもらいながらひたすらに素振りと試し打ちを繰り返す。

やっぱりセンスないよなぁ・・・、これじゃぁ、いつになったらコースにでられるようになることやら・・・と思いつつも、ひたすらにクラブを振り回す。

結局、約2時間、クラブを振り回していた。

クラブを替えることなく、都度アドバイスをもらいながらやっていたので、最後の30分ぐらいは、空振りすることもだいぶ少なくなり、打球も高めに、そしておおよそはまっすぐ方向に飛ぶようになってきた。

最初に比べたら大進歩である。

今回の練習で教えてもらった/発見したスイングのポイントは・・・、

 ・構えは、少し膝を曲げて、胸をはって腰から前屈みに、グリップの位置は低く、少し手首を上に返すようにする。
 ・テイクバックのときとスイングした後(ハーフスイングのとき)には、クラブのヘッドは真上を向く
 ・テイクバックのときに、野球のバックスイングのときのように左手首を返さない(むしろ内側に曲げるぐらいで)
 ・腰をひねってテイクバックして、そこから手首を真上にあげるようにしたところがスイングの開始点(で、そこから地面を叩きつけるようようなイメージ?)
 ・スイングした後のグリップの位置は腰より高く上げない(というイメージで) (※剣道の構えのようなポーズになる)
 ・顔は足下のボールを見続けるようにして、スイング後も残すように。(※「ヘッドアップにならない」というらしい)
  当面は「打球の球筋はみない」と決心し、むしろ「スイング後の自分のポーズをチェックする」という考えでスイングするのがよさそう。
 ・体重をスイングと同時に、両足から前足に移動させる
 ・スイングは上体の力を抜いて、猫背にならず、円を描くように腰で振る
 ・右に曲がりすぎる場合はボールの自分より少し遠い部分を叩くイメージで振る

というところである。

 

そして、いよいよ最後の一球・・・。

振り抜いた打球は高く、青空の中に消えていった・・・

・・・・・・らしい。

#上述したように、球筋を見ないようにしていたので、どこにどのように飛んでいったのか
 自分では判らなかったが、打った感触と音は悪くはなかった。

「最後の一球が気持ちよく打ててよかったね~」

と言ってもらえたので、そこそこよかったんだろう。(^-^)v

ともあれ、こうして初の本格的(?)ゴルフ練習は終わった。

背筋や腕の筋肉痛と、次回の練習時にまたゼロからのスタートとならないことを祈りつつ、練習場を後にした。

日曜日の朝にだらだらと寝ているより、早起きをしてカルクひと運動・・・というのは、身体的にも、精神的にも、健康にいいだろうと思う。

また行ってみようか・・・!?と、とりあえず思う。

旅レポ 鹿児島〜熊本

☆指宿で砂蒸し温泉しました。砂のずっしりした重みによる圧力と、地下を流れる80度の高温泉によって温められた砂の熱とで、全身の血流が良くなる感じ。標準10分ぐらいというところを、30分近くも埋まっていました!
☆小雨降る中、開聞岳に登頂。922m。霧中で何も見えず。行程約4時間。日本百名山のひとつ。
☆温泉三昧:指宿、妙見、霧島、粟野岳、人吉、日奈久。

湖に向かってナイスショット!?

Golf01箱根で芦ノ湖のまわりをドライブしていると・・・なんとも気持ちよさそうなゴルフの打ちっ放し練習場を発見。高台からはるか下方に見える湖に向かって打ち放つ。下に向かって打つので、ボロショットをしても、それなりに飛んでいるように見える(自己満足)。
「ゴルフなんて庶民のやるもんじゃねぇよ・・・」というのが信条だが、あまりのシチュエーションのよさを気に入って、やってみた。
たった30球の玉を打つのに、1時間、たぶん150回ぐらいフルスイングしたこと思われる。
とってもいい運動になりました。(爆)

日本最高・・・ふたつ目!

Honzawa01本沢温泉・雲上の湯に行ってきました。温泉フリークには言わずと知れた「日本最高所(標高2150m)にある露天(野天)風呂」(通年営業)である。

本沢温泉は八ヶ岳の山中にあり、駐車場から山道を約2時間かけて歩いて行く。やっと辿り着いたそこには山岳の風景のど真ん中にぽっかりと温泉があるのだ・・・(最高!)

雨が降ったりやんだりの天気だったこともあり、週末にしては空いており、大自然の中で温泉(硫黄泉)に大胆に浸かるというシチュエーションを満喫することができた。
満足満足・・・。

今月、富士山に続く、”日本最高”の制覇である・・・。

より以前の記事一覧

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31