最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「オミヤゲ」の6件の記事

あわら温泉パン

芦原温泉と言えば,山中,山城と並び称される北陸三大温泉のひとつ.温泉泉質は「アルカリ性単純泉」でお湯自体にはあまり特徴がない.

しばらく以前の話になるが・・・,出張でその芦原温泉にいった帰りに芦原温泉駅で見つけたのがコレ.

 

Awaraonsenpan

 

あわら温泉パン

 

一見,普通の天然酵母系のパンである.

特徴的なところと言えば,「250円」という破格値であること.

 

・福井県優良観光土産推奨品

・120時間熟成

・手間暇かけた「老麺製法」

・丹波黒豆入り

・地域限定,数量限定

            ・・・etc

 

そんなことはどうだっていい.

 

 「芦原温泉の源泉」を使っている

 

この一文句を見てしまったからには,温泉ソムリエとしては食わずばなるまい.

食わずに帰ることができるハズもない.

 

(しかたなく)買ってみた.

 

(期待して)食べてみた.

 

 

 
 ・・・・・・。

 

 

 
普通のパンである.

ごくごく普通の天然酵母系のパンである.

 

美味しいか?と聞かれれば美味しい.

また買うか?と聞かれれば "NO!" である.

 

250円は高いよ~・・・

花畑牧場の生キャラメル

職場同僚のK氏がもってきた「生キャラメル」を食べた.

 おいしい~~~・・・ (^.^)♪ 

 

が・・・・・・,それは、例のトコロの商品ではなく、

   やっぱり,,,,,,,,,,,,

 

081004hanabatake 「花畑牧場」の生キャラメルが食べたい~ぃっ!

 

とおもって検索してみたら,,,

なんとタイミングのいいことに,明日1/24にオフィシャル・インターネット・ショップがオープンすると言うではないか!!

通販で買うか~~~っ!? (^v^)

 

ついでに↓のような新聞記事を発見.

花畑牧場 上期観光客14万人 生キャラメルヒットで殺到
(北海道新聞; 2009/01/21 10:23)

十勝管内中札内村にある「花畑牧場」の二〇〇八年度上半期(四-九月)の観光客入り込み数が、前年同期の十五倍の十四万一千八百人に上ることが二十日、十勝支庁の調査で分かった。同牧場はタレントの田中義剛さんの経営で、販売する生キャラメル目当ての観光客が殺到したためとみられる。
〇七年度上半期に九千三百人だった花畑牧場の観光客数は、十三万二千五百人増という驚異的な伸び。このため、燃料高騰などで全道的に観光客数が伸び悩む中、十勝管内の入り込みは支庁別で唯一、前年同期を上回り、1・3%増の六百一万三千百人となった。
同牧場は一九九五年にオープン。〇七年に発売した生キャラメルが全国的なヒットとなり、現在は一日約四万箱を製造している。同牧場は「今後も皆さんに喜んでいただける商品を生産したい」としている。

十勝地方を訪れた人が,1.3%増!?
しかもそれが,「燃料高騰などで全道的に観光客数が伸び悩む中」!?・・・それって,スゴクないですか?

コレって読み替えれば,つまり,

花畑牧場に行くためだけに北海道を訪れた人が沢山いた!!

・・・ってことじゃないですか・・・.すげ~っ!!(@o@;)

そういうBuChiも、昨年6月に新千歳空港で1時間半並んで購入して食べてファンになり、その後、10月の北海道温泉巡業の道すがら,十勝・中札内の花畑牧場ファーマーズハウスを訪れたのだったが・・・。

 

この「生キャラメル」、どんな代物かというと、

グリコのキャラメルのように固くなく、指で軽くつまんでも変形するぐらい。口に入れると、舌の上でなめらか~にとろけて、濃厚な牧場ミルク&キャラメルの味が広がる・・・。
味もさることながら、「こんなん初めて~!」という食感が抜群なのです。

かなり美味しいです。かなりオススメです。

「12粒入、850円」 (≒ 70.83円/粒)

安いか?高いか?と言われれば、ここは「安い!」と言ってしまいましょう。

昨年10月の時点では、味のバリエーションが、プレーン、チョコ、ホワイトチョコの3種類がありました。
ホワイトチョコ味はレア物で、まだ食べたことがないのですが、味は・・・

 プレーン > チョコ

ですねぇ・・・。

ちなみに、この生キャラメルですが、冷蔵で少なくとも4,5日は美味しく食べられます。(BuChi実績)
が、おそらく冷蔵の温度が微妙で、普通に冷蔵すると、ちょっと固くなり、残念ながら、あの独特の食感が失われてしまいます。
冷蔵した場合には、ある程度、室温に馴染む程度に、ガマンして待ってから食べるといいと思います。

また、この生キャラメルですが、手作りで生産量が少なく、大人気のため、新千歳空港で買おうとすると、1時間以上は行列に並ばなければなりません。

行列を避けるための裏技としては、お土産店のある2階ではなく、1階にある花畑牧場直営店の「生キャラメルカフェ」または「ホエー豚亭」で、お茶するか、豚丼を食べると、3個の生キャラメルをテイクアウト購入できます。

ただしちなみに・・・

花畑牧場ホエー豚亭の「ホエー豚丼」の評判は、我が家ではイマイチ。

豚丼ならやっぱり、「ぱんちょう」(帯広)の豚丼の方がダンゼン美味しい!

と思います。。。(北海道での食べ比べの結果)

 

花畑牧場オフィシャルホームページ: http://www.hanabatakebokujo.com/

千葉の梨

Nashi01実家(千葉)から梨「幸水」が届きました。

かじると、みずみずしく、甘い汁がいっぱいで、とっても美味しい

あまり知られていないのかもしれませんが、実は、千葉は梨の名産地なんです。(千葉県は和梨収穫量日本一)

実家の近くの梨農園では、数種類の梨を作っています。

 8月上旬の「幸水(こうすい)」・・・甘みが強く、誰にでも好まれる
 8月下旬の「豊水(ほうすい)」・・・甘・酸味が共にあり、柔らかくて果汁が多い
 9月中旬の「菊水(きくすい)」・・・さわやかな酸味がしゃっきりした果肉とマッチ
 9月下旬の「新高(にいたか)」・・・果実が大きく日持ちが良い

子供の頃、夏がくるとたくさんの梨を食べました。
そんなわけで、今でも、ほかの夏の果物・・・さくらんぼ、スイカ、ぶどう、メロン、桃、等々より、梨が一番好きなのです。

甘い香りと、このサクッとした食感と、じゅわーと口の中に広がるたっぷりな甘い果汁・・・。

 美味だわぁ~~~。 (^o^) (^o^) (^o^)

14個入りの一箱・・・何日もつかしらん?

麺匠文蔵のカップ麺が発売!

この信州佐久近辺で、BuChiの一番のお気に入りのラーメン 「麺匠 文蔵」のカップラーメンが、(長野県内の)サークルK・サンクスから、7/24に発売されたそうです!!!\(@o@)/wow

文蔵ラーメン好きにとっては嬉しいニュースです。

・・・しかし。上記をよく読んで欲しい「発売されたそうです」?

そう、BuChiはまだゲット&トライをできていないんです。(発売予定も知らなかったし)

昨日会社で・・・、BuChiが文蔵ラーメンを大好きなことをよーく知っている女子社員が

「 こんなの発売されたんですよ~! スゴイでしょう!? コレあげますよ!」

といってくれたのは、

 文蔵カップ麺のフタ部分の紙だけ。本体はナシ。

「 で、味はどうだったの? 」

・・・と聞く間もなく去って行ってしまった。

慕われているのか、イヂワルされているのか・・・。(爆)

ぜったい今週末に手に入れてトライしてやる~~~!!

追記:
コンビニに行ってみたらスゴイことになっていました.Bunzo01
文蔵ラーメンで一棚全部乗っ取り~!!

新食感、とろけるドーナツ!

Kkdonatsu070214今、東京で一番ホットな話題のドーナツといえば・・・
新宿サザンテラスの"Krispy Kreme Doughnut"
(クリスピー・クリーム・ドーナツ)ではなかろうか!?

アメリカ・ノースカロライナ州で1937年創業という老舗のドーナツ屋が、昨年12月、日本に第1号店をオープン。
連日大行列状態が続いているらしい。

新宿への出張の帰り道・・・、
かねてからワイフにリクエストされていたので、その問題の店に行ってみると、
案の定、店の前にはグネグネと行列が・・・。
ざっと数えるに100人はカルクいる
行列整理をしているオジサンに聞いてみると、大体1時間待ちだという。
ゲゲッ!やっぱ諦めだなぁ・・・と思ったが、一緒にいた同僚(♂)が、
「せっかくだし、こういうの好きなんで並びましょう!」とのたまった。
・・・というわけで、列に付こうとしたら、さっきのオジサンに、
「最後尾はさらに一段上だよ」と店の脇の階段上を指さされた・・・。
マジかよ~~~~。

1時間待ちしている間に予習をしておくとしよう。
Krispy Kremeの創業以来の看板商品は「オリジナル・グレーズド」。
表面は砂糖でコーティングされ、ドーナツの中はふわっととけていく食感
・・・ということらしい。
興味をそそるし、美味そうだ・・・。

そうこうしているうちに階段を下り、店の前に並んでまもなく、
エクスプレスラインのご案内です~♪」と女性店員がやってきた。
12個入りの箱で買うなら、行列をパスしてすぐに買うことができるという。
ただし、箱は2種類で、「オリジナルグレーズドの12個入り」か、
「色々な味のオマカセ詰め合わせ(オリジナルグレーズドは1個入っている)」。
しかもこの他には単品追加注文等は受けられない・・・という。

「これは行くしかない!」
同僚と、2種類の箱を買って、後で中身を半分ずつ入れ替えることを申し合わせて、
エクスプレスラインへと突き進み・・・。結局20分程の待ち時間で、
幻の(?)ドーナツをゲットすることができた。ラッキー♪

家ではワイフが、BuChiの帰り・・・、いや、ドーナツの到着を待ちかねていた。

さっそく・・・一口かじってみる・・・。

「あれ・・・?」、「なんかフツーーー・・・」

どうやらオリジナルグレーズドの「ふんわり溶ける食感」というのは、
できたてほやほやの温かい状態でないと味わえないらしい・・・。

「せっかく苦労して買ってきたというのに、なんてこったいっ!!!」

と憤慨していると・・・、ワイフが箱の側面に、注意書きを発見。

「電子レンジでいけるらしい・・・!」

さっそく電子レンジにかけてみる・・・。

「ちょっと柔らかくなった!?」、「もっと時間長くすれば!?」、
「おぅぁちちち!(熱ちち!)、やり過ぎた!」、「やっぱハイパワーじゃん?」、
などと試行錯誤の結果・・・

 「おぉ~っ! ふんわり溶ける感じ~! いけるじゃん!!」

・・・というところまで辿り着いた。

特別に(?)そのレシピを紹介する。
箱には「電子レンジで8秒温める」とだけ書いてあるが・・・実際のところ、
それではちょっと足りないと思います。
(業務用レンジの1.25kWレベルであればそのぐらいかも?)
BuChi家での実験の結果から言うと、ベストな温め具合は、
500Wの電子レンジで、皿に1個のオリジナルグレーズドを載せた場合で、
13~15秒、というところでした。

ちなみに、さらに付け加えるなら、
お店では「できるだけ今日中にお召し上がり下さい」と言われたが、
冷所に保管しておき、翌日の夜(製造28時間後)にも、
同様にレンジして食べたが、特に問題なく、美味しく頂けました。

・・・というわけで、
ふんわり溶ける感じの食感を楽しみつつ、
12個のドーナツを二人で2日で美味しくたいらげたわけですが・・・。
「また1時間行列して買ってくる?」と言われれば・・・、
ソコまで無理せんでもいいでしょ~・・・というところ・・・でした・・・。

東京ばな奈「しっとりクーヘン」

東京ばな奈「しっとりクーヘン」

東京みやげで一番好きなものは?と聞かれれば、「ト-キョウバナナ!」と瞬答するぐらいに大好きなお菓子がある。
『東京ばな奈 「見ぃつけたっ」』。
しっとりフワフワのスポンジケーキと、甘すぎないバナナクリームとが、とっても美味。これからの夏の季節には冷蔵庫で冷やしてやると、すっきり感が増して、なおオイシイ。
ところで、東京ばな奈ブランドには、他にも「みんなのいちご」「空飛ぶでかドラ」などもあるのだが、ゴメンナサイ! やっぱり基本のバナナがダントツでウマイのだ。
ちなみに「東京たまご ごまたまご」というお菓子もあり、よく、すぐ近くで売っているので混同しがちだが、コレはまったく別物で、東京ばな奈とはなんの関係もない。
さて、今日、東京駅。
ふと気がつくと、そのばな奈から、新しいものが発売されている。
「東京ばな奈 しっとりクーヘン」・・・三層のバームクーヘンで、とてもウマそうではないか!
買ってみるか?と思ったら、行列ができている。ホントにうまいというよりは、新しもの好きと・・・、行列が行列を呼んでいるんだろうなぁ〜と思いつつも、列に加わってみた。
今までもこうしてダマサレテきた(?)わけなのだが・・・。
今回はいかがだろうか!?
期待は大きいぞ!!

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31