最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅」の44件の記事

エジプトがたいへんだっ!

先週からエジプトが大変なことになっている.

温泉巡り100湯の荒修行

雑誌自遊人に「温泉パスポート」という企画がある.

雑誌の付録のスタンプ帳をもっていくと,温泉に無料で入らせてもらえるという温泉好きには very goodな企画である.

今回(第7回)の企画では,その対象温泉が日本全国,北は北海道から,南は鹿児島まで,100湯もある.

昨年9月末に始まり,3月末迄の有効期間なのですが・・・.

昨夜,とうとう,99湯目に入湯しました!!

100湯の完全制覇を目指していたのですが,残り1湯の東北の須川高原温泉は,11月から冬期休業中で入れませんでしたので,6月のオープンを待って,100湯目に入りにいく予定.

 

ともあれ・・・,

よくぞ入りまくった99湯!

1日に泉質の違う温泉を数湯を回ることも多く,肌がボロボロになりつつも・・・.

 

しばらくは温泉を休んで・・・(笑),

今回の100湯の中でも,とくに至極の温泉を,じっくりと訪問したいなぁ・・・.

成田空港の(入国)健康相談室

本日夕方,無事にニッポンに帰国しました.で,帰国早々のデキゴト.

15日間の中国滞在中,なんか熱っぽいなぁ,ちょっと頭重いなぁ・・・という日が,2日間と1日間,合計3日間あった.
いずれのときも,良く寝たら(10時間爆睡)治ったようだったので,あまり気に留めていなかったが,成田空港の入国審査の手前に,ポスター等がデカデカと「海外滞在中,発熱,下痢,嘔吐などの症状があった場合には健康相談室にお立寄り下さい」と書いてある.一度は素通りしたのだが,再びの訪中予定もあるので,念のために立ち寄ってみたのだが・・・.

質問5個ぐらいの実に簡単な問診で,「まぁ,風邪だったんでしょう.」と診断され.その後,体温計が37.4度を差したのをみて,「ちょっと高いですねぇ」の一言で終わり,「そちらのドアから入国審査に進んでいいですよ」と・・・.

いかにも,事務作業的な対応.
いかにも,「こんな程度で相談に来るなよ!」という印象.

まぁね,たしかに現状はたいした状況ではない.なにせ本人が気づかないぐらいの微熱だ.

が・・・,ちょっと待ちたまえ.
多少,熱があったところで,気が付かない本人だ.しかも実測の結果,熱がある.
滞在先は中国の田舎,いかにも衛生状態の悪そうなダウンタウンもウロウロした.毎日食事している店だって,どの程度の衛生管理状態か判ったもんじゃない・・・ということを考えたら,もう少し,何かあってもいいんじゃない!?

ちなみに,診察した人は無錫(Wuxi)を知らず,「上海から車で3時間ぐらいのところです」と言ったら,問診票には「上海」と記入していた.(なんてイイカゲンな・・・)

どうも検査の手間と,消耗品代をケチっている風にも見えた.

いっそ,「鳥市場で生肉つまんで食べたんですけど~」ぐらい言ってやれば,真剣に応対したか・・・?

健康相談室を出がけに,「また近々中国に滞在予定があるんですが,予防接種等ってどのようなものが必要なんですかね~?」と訊いてみたところ,紙を渡されて「そこの電話番号で相談して下さい」で終わり.

立ち寄らなきゃよかった・・・.(ガックリ)

こんなんなら,もしも本当にヤバイ病気だったとしても,結果的には,きっと素通りなんだろうなぁ・・・.

その程度のもんか,日本の入国管理・・・.

というザンネンな印象だけが残りました(グチグチ・・・)

北九州秘湯&グルメの旅1

ただいま北九州秘湯温泉&グルメの旅です。

一昨日は、博多の「秀ちゃん」でウマイ博多ラーメンを満腹に食べ、国立九州博物館で悠久の歴史に思いを馳せ、太宰府天満宮で道真公にオネガイゴトをし、夜は「越後屋」でモツ鍋に舌鼓を打ち・・・。

昨日は、佐賀の呼子で、イカの活き造りと新鮮な魚介! 刺身にウニに泥カニ! バリうまバイ!(ちなみに5000円ランチ)
で、夜は長崎・小浜温泉の「旅館國崎」で、ナトリウム塩化物泉(要は食塩泉)のよ〜く温まる湯と、上品に美味しい魚料理。ここの宿は貸し切り風呂が3つと、男女別の浴室があり、気兼なくのんびりできる。宿の接客もいい具合で、本当にいい温泉宿です(日本秘湯の会)。

で、今日はまず雲仙温泉の100円公衆浴場で硫黄泉につかり、これから久留米に向かい、九州ラーメンの原形と言われる久留米ラーメンを食べ、夜は大分の壁湯温泉へ・・・。

旅はまだまだこれから!

デグのホルモン焼きがウマイ!

アニョハセヨォ~! BuChi@韓国出張中でっす.

韓国はDaegu(デグ)というところに来ています.ソウル,プサンに続いて3番目に大きな都市で,250万人ぐらいがいる都市だとか・・・.

で,ここデグの名物が,「ホルモン焼き」だというので,食べに行ってみました!

Horumon01_2

テーブルの鉄板で,お店の人が焼いてくれるんだが・・・・・・!!

 腸が,そのまま鉄板に・・・デカイッ!!!(驚)

「ホルモン焼き」と聞いて想像していたのは,こてっちゃんのような・・・,モツ鍋に入っているような・・・,一口小サイズにカットされたホルモン.

こんな,びろ~~~んとデカイのは想定外だっ!

でもこちらじゃ,普通らしい.
こうやって丸ごと焼いて,途中でハサミでカットして,仕上げにもうちょっと焼く・・・というのが,韓国風(デグ風?).

お味の方はというと,このホルモンも塩系タレにつけ込んであって,それを更につけだれにちょっとしたし,サラダ菜(?)とエゴマの葉にのせ,味噌,生にんにくスライスをのせて,くるくるっと巻いて食べる・・・・・・・・・・ウマイ! じつにウマイッ!

#焼肉なんて,肉を焼くだけなんだから,どこで喰っても同じでしょ!?という観念が,音を立てて崩れていく.

で,結局,おなかパンパンになるまで食べまくってしまった・・・.
韓国風焼肉は,野菜と一緒に食べるし,辛いものはエネルギー消費を高めるから・・・多少食べ過ぎても太らない・・・という俗説(?)を信じて・・・.(苦笑)

カムサハムニダの国に来ました

韓国に来ました!
韓国の本土上陸はハジメテなのでワクワクです~♪
(^_^)(^_^)(^_^)

 

 

・・・これが仕事じゃなかったら・・・。

Shike01  

写真は「シケ」というジュース。
米からできてるんだけど、すっごく甘く、言ってみればライスミルク?
甘酒とは明らかに違う~!!

んで・・・お味はどうかっていうと・・・トライで満足・・・と言ったトコロです.

Bostonドラムス?

先日の米国Bostonへの出張の際、アフターファイブに、街の中心近くにある"Faneuil Hall Market Place"(ファニエルホール・マーケットプレイス)に散歩にいってみました。

ファニエルホール・マーケットプレイスというところは昔の倉庫を利用して作られたショッピングモールで、ちょうど横浜の赤煉瓦倉庫街のような感じで、衣類や雑貨、レストラン、土産物など、色々な店が集まっており、ショッピングなどを楽しむことができる。

散歩をしていると・・・ファンキーなリズムが聞こえてきた。引き寄せられるようにして見に行ってみると・・・ポリバケツ、鉄板、網、ステンレス・シンクなどをドラムスとして見事に叩いているGuyがいる。 Boston_drum01_1

「 スゲェ~~~、カッコイイ~~~!! 」 (@o@;)

イマドキの若者風に言えば、

「 ちょーヤバィッ! 」

しばらくその見事な技に見とれて、聴き入ってしまいました。

リズム感もさることながら、雑品を叩いて・・・というところがスゴイ。しかもときどきドラム(?)を置き換えたりして音調を変えたりしており、コダワリも見受けられます。

こういうのをみると、やっぱスゲーなアメリカってところは・・・と思ってしまいます。

 

※ちなみに、ボストン情報については"ポッキーのボストン案内"がとても参考になりました。

アメリカから密出国?

Hello。
ただいま無事にボストンからシカゴ経由で成田に帰国しました。

予想された(?)トラブルもなく「ナントナク」帰ってきてしまいました。あまりにすんなりだったので、ここは日本か?と言う感じです。

ひとつ不審点を挙げるなら、アメリカの出国審査を受けていないこと。
ボストン空港でも、シカゴ空港でも、それらしきゲートに出会わなかったし。
よって書類上は ”密出国” と言うことか?(苦笑)
アメリカ入国時にパスポートに貼り付けられた「出国時に提出しろ」と書いてある小紙はまだ付いたままだし。当然、出国のスタンプもないし。

日本の入国審査は「こちらじゃ、どうしようもない」、「同じように小紙を取り忘れられた人はよくいる」と言うし・・・。

入国時には、こちらの気分を害する程に、あれだけ厳しいアメリカも、出ていくときは「どうぞご自由に」ということか。荷物・身体の検査もたいして厳しくなかったし。

どなたか、このパスポートの小紙について処理のしようを知っていましたらアドバイス・プリーズです!

ボストンといえばロブスター?

ボストンといえば、シーフード

ボストンでシーフードといえば、ロブスターらしい。

・・・ということで!!

コレだ~~~。

Robster01

 

 

 

 

 

 

(※ナイフ&フォークとロブスターのサイズを比べてみて欲しい。)

ちなみに$44.95

この旅行の一品贅沢モノ。

それから・・・ロブスターというのは、”エビ目(十脚目)・ザリガニ下目”に分類され、和名では”ウミザリガニ”とも言われるらしい。

ザリガニかぁ・・・・・・・・・・そんな味といえばそんな味。(^_^;)

 

・・・カニじゃないのね。

 

じゃあ、昔々の”レッドロブスター”のTVCMで子供が

 「カニ食べた~~~い!!

と絶叫して、BGMに「In the mood」が流れる印象的なやつは・・・チガッテたんだ。

でも・・・

 「ザリガニ食べた~~~い!!

と、絶叫されても困惑しちゃうけどね。(^_^;)

ボストンに来ています

Img_5056b_1ストンに来ています・・・というと、

「レッドソックス? 松坂? 岡島? いいなぁ・・・!!!」

と言われてしまうのだが・・・。

実際のところココは DevensというBostonから車で1時間半ぐらいかかるマイナー処。
Boston空港からの乗り合いタクシーのドライバーや同乗者達から、
「いったい何でそんな(へんぴなところ)にいくんだ???」
と、いぶかられるぐらいのところ。

#仕事です、シ・ゴ・ト。ミーティング相手の会社があるのです。

事前にDevensが何処にあるのかはまったく調べてこなかったんだけど、
半日弱の空き時間がとれそうなので、内心Boston観光やるき満々で情報収集しておいたのだが・・・。sigh
Redsoxもアウェイで試合中みたいだし・・・。

往路は成田発の飛行機が遅れて、急遽、シカゴでの乗り継ぎ便を変更する必要があったり、ボストン空港についたらBuChiのスーツケースが届いていなかったり・・・という難局。
日本語のできるアメリカ人の同僚と同行だったから、難なく乗り切ってきたが、復路は1人で帰る予定。

ナニゴトもなきゃいいけど~~~・・・。

それにしてもアメリカ東海岸は遠い。
ひさびさの長時間フライトでは、飲んで食べて・・・隣席までつかってしっかり寝まくったけど、それでもトータル20時間の移動にはぐったりでした。

 

あ、そうそう、アメリカは今、サマータイム(Summer Time:英語)、またはデイライト・セービング・タイム(DST: Daylight Saving Time:米語)ともいう”夏時間”でした。
太陽の出ている時間帯を有効に利用するという主旨のもと、時計を1時間早める制度で、今年2007年からは期間が約1ヶ月延び、開始日が3月の第2日曜日、終了は11月の第1日曜日となっているそうだ。

入国した当日、サマータイムに気づかずに、危うく翌朝のミーティング時間を間違えるところでした。アブナイアブナイ・・・。
でもたしかに、飛行機降りる際にフライトアテンダントのアナウンスで時差確認したはずだったのだが・・・!?

ともあれ、久々の太平洋横断出張をボチボチ楽しんでいます。。。 (5/8 0:18; @Boston)

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31