最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「雑学」の9件の記事

最初はグー・・・は志村けん

じゃんけんの「最初はグー!」を発案して世に広めたのは,あの・・・志村けんらしい.(驚)

ドリフターズによる伝説的コント番組「8時だよ!全員集合」のじゃんけんコントで,「最初はグー」を連呼してるうちに世の中に浸透していったとのこと・・・.

 #たしかに,BuChiが幼児のころには無かったし・・・.

おそらく,永遠に残るニッポンの新しい文化を創造したことになるのだなぁ・・・(感激)

ボストンに来ています

Img_5056b_1ストンに来ています・・・というと、

「レッドソックス? 松坂? 岡島? いいなぁ・・・!!!」

と言われてしまうのだが・・・。

実際のところココは DevensというBostonから車で1時間半ぐらいかかるマイナー処。
Boston空港からの乗り合いタクシーのドライバーや同乗者達から、
「いったい何でそんな(へんぴなところ)にいくんだ???」
と、いぶかられるぐらいのところ。

#仕事です、シ・ゴ・ト。ミーティング相手の会社があるのです。

事前にDevensが何処にあるのかはまったく調べてこなかったんだけど、
半日弱の空き時間がとれそうなので、内心Boston観光やるき満々で情報収集しておいたのだが・・・。sigh
Redsoxもアウェイで試合中みたいだし・・・。

往路は成田発の飛行機が遅れて、急遽、シカゴでの乗り継ぎ便を変更する必要があったり、ボストン空港についたらBuChiのスーツケースが届いていなかったり・・・という難局。
日本語のできるアメリカ人の同僚と同行だったから、難なく乗り切ってきたが、復路は1人で帰る予定。

ナニゴトもなきゃいいけど~~~・・・。

それにしてもアメリカ東海岸は遠い。
ひさびさの長時間フライトでは、飲んで食べて・・・隣席までつかってしっかり寝まくったけど、それでもトータル20時間の移動にはぐったりでした。

 

あ、そうそう、アメリカは今、サマータイム(Summer Time:英語)、またはデイライト・セービング・タイム(DST: Daylight Saving Time:米語)ともいう”夏時間”でした。
太陽の出ている時間帯を有効に利用するという主旨のもと、時計を1時間早める制度で、今年2007年からは期間が約1ヶ月延び、開始日が3月の第2日曜日、終了は11月の第1日曜日となっているそうだ。

入国した当日、サマータイムに気づかずに、危うく翌朝のミーティング時間を間違えるところでした。アブナイアブナイ・・・。
でもたしかに、飛行機降りる際にフライトアテンダントのアナウンスで時差確認したはずだったのだが・・・!?

ともあれ、久々の太平洋横断出張をボチボチ楽しんでいます。。。 (5/8 0:18; @Boston)

桜餅には2種類ある!?

この時期、和菓子屋さんにいくと「桜餅」が売っています。餡が入った桜色の生地が桜の葉っぱでくるんであるアレです。

ところで、この桜餅。関東風と関西風とがあるのをご存じでしょうか?

関東風は、小麦粉を主にした生地を薄く焼いて、その厚めのクレープ生地のようなものに餡をくるむ・・・これを「長命寺(ちょうめいじ)」というらしい。

一方、関西風は、荒砕きの餅米(道明寺粉という)を蒸して、その中に餡を包む。見た目と食感のつぶつぶ感が特徴で、これを「道明寺(どうみょうじ)」というらしい。

このように2種類の桜餅が存在するって知ってました?

ワイフが和菓子屋さんから帰ってきて
 「長野の桜餅は関西とは違う!」、
 「調べたら関東風と関西風の二種類があるんだって!!」
と言うのですが、BuChiにはピンとこず。

 # そもそも桜餅マニアじゃないし・・・。(^_^;)

でも、桜餅と聞いてBuChiが思い浮かべるのは、実はこのどちらでもなく、ピンク色の大福餅が桜葉に包まれているものだったりします。
しかしこの「ピンク大福with桜葉」については、「桜餅」をいくら検索してもでてこない。世には桜餅といえば、長命寺と道明寺の二種類というのが常識のようである。

じゃあ一体、BuChiの中でいう桜餅は一体・・・なんなんだ?

どこかの菓子大量生産業者が、簡易的に作った桜餅・・・ニセモノ桜餅なんだろうか???
それとも別の名称の食べ物なのか???

幻の”第3の桜餅”についても市民権を~・・・!?!?

さて、長命寺と道明寺と”第3の桜餅”とで、どれが一番好きかって言われれば「道明寺」が、食感的にも、ビジュアル的にもソレっぽくて好きかなぁ・・・。

 

・・・こんなことを考えながら、臥竜公園(写真;長野県須坂市Garyu_sakuraで”長命寺”をパクつきながら花見をしてきました。

春ですねぇ・・・。

参考HP:【桜餅について】 道明寺VS長命寺
http://www6.plala.or.jp/mugichan/kashi/sakuras.htm

吾れ死なば・・・

吾れ死なば 焼くな埋むな 野に晒せ(さらせ) 痩せたる犬の 腹肥やせ」。

壮絶な和歌である・・・とは作家 内館牧子の評。(JR東日本車内誌より)

壮絶というか・・・、イッタイアンタは、なんでそんなヒドイ死に方したいのよ?と訊きたくなる。
この世の無常を嘆いているのか、人生にヤケクソなのか?

この和歌は実は・・・、(日本では)クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界三大美女と言われ、六歌仙の中で唯一の女流歌人である・・・あの小野小町によるものだというから驚きだ。

百人一首に入っている和歌で、花が色あせていくのと同じように自身が年老いていく姿を嘆いたという、
花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
は、誰しも一度は聞いたことがあると思うが、
この歌の雰囲気と、冒頭の歌との歴然とした差はいったい・・・?

内舘女史が言うには「やりたいことを尽くし、もう人生に思い残すことはない」という境地で詠んだ歌ではないかとのことだが、それにしても・・・。

小町はけっこう長生きだったらしいし、ふたつの和歌はおそらく作ったときの年齢が違うんだろうと思う。

 

時が経てば、記憶も、考え方も、変わってくる。それが普通だと思うし、それに逆らうこともできないんだと思う。
が、それでも人の一生は連続しているわけだから、変わっちゃいけないところ、変えちゃいけないところ・・・信念・・・は、少しずつ次の自分に継承していって、ずっと大事にしたいものだと思う。

「年相応」という言葉もあるが、それでも、年を重ねても若く、アクティブな気持ちでいたいと思う。
若気のじーちゃん、かっこええじゃないか! 体力もありゃぁ、なおええじゃないか!? 

さてBuChiだが・・・、
「何歳ですか?」と聞かれれば、
気持ち10代、自己申告29歳ぐらい」と答えることにしている。

笑わば笑え。
しかし、「信ずれば通ず」と言うではないか、信じれば、言い続ければ、きっと若さを保てるハズ。(自己催眠?)

じっさい、年齢相応に見える人、プラスにもマイナスにも年相応に見えない人・・・色々いる。

柔軟に発想し、アクティブに活動し、心から楽しむ・・・そんな人生を送っていれば、気持ちも身体も若くなる。若く保てるもんだ、、、と思う。そう信じる。

 

さて、、、話は冒頭に戻る。

吾れ死なば・・・・・・どうしよう?

火葬した後、その灰は、宇宙(空)とに、ばらまいてくれたら嬉しいかなぁ・・・。

野良犬に喰われるのやっぱりイヤだ。

 
吾れ死なば 焼いて砕いて その灰は 宇宙(そら)と海とに 帰しておくれ

 

・・・やはり歌のセンスが違いすぎる・・・・・・。(苦笑)

エイプリルフール

The_fugitive_b4/1の当日にココに遊びにきていただけた皆様には、楽しんでいただけたかと思いますが(?)、今年は映画「逃亡者」(ハリソンフォード主演;1993年)をモチーフにしてみました。

ま、BuChi「遊びごころ」のひとつというところで・・・。

ところで、このエイプリルフールにウソをついてバカ騒ぎをしよう!?という為のウソをつくのは、4/1の午前中って知ってました???
BuChiはここ数十年ちっとも知らなかったのですが・・・ということは、ホンモノノうそつきだったってこと!?!? (^-^;;)

みなさまはエイプリルフールを楽しみましたか~?

まばたきの増えるワケ

人は緊張するとまばたきの数が増えるという。

先ほど、TBSのNEWS23に生出演していたライブドア前社長の堀江被告。
とにかく、まばたきの数がスゴかった。
1秒間に6回以上するときもあるんじゃないか!?というぐらいのスピードで、
しかもその頻度が数秒おき。
わずか数分間の出演中に数百回の瞬きをしていたと思われる。

しかもカメラが超どアップ・・・画面全体に彼の目の周辺しか入りきらないぐらい・・・で、
彼の顔を映しだすのと、もともと二重まぶたで目のくっきりした人なので・・・

ワイフいわく、

 「バッタバタ、バッタバタ、音が聞こえてくるみたいだよねぇ~♪」
 「うちのTVが大画面TVじゃなくってよかったよね・・・」

 (^_^;) (^_^;) (^_^;) (^_^;) (^_^;)

 視点が違うッつーの!

 
粉飾決算事件で証券取引法違反罪に問われ、
懲役2年6ヶ月の実刑判決のでた同被告だが、まだ控訴審で争うという。
ちなみにアメリカだと、25年の実刑に相当する罪になるらしい。
残念ながら、この日本はまだ「金持ち向けの罪」については甘い社会・・・ということか。

ホリエモンと呼ばれ、マスコミに多く露出し、
栄華を誇った逮捕前のかつての精彩はまったく感じられなく、
別人のようだったのが、印象的だった。

 栄枯盛衰。奢れるものも久しからず。

ともあれ、
マネーゲームなぞに走らずに、
「産業人たるの本分に徹し」て実働し、「社会生活の改善と向上を図」って、
その見返りとしての「実のある正当な利益」を得て、富を築いていこうよ!
・・・と思う。

 オレの目はまばたいていないかい!? (^_-)-☆

 

カレンダーウィーク(CW)

海外の人と業務打ち合わせ等をしていると,
色々なスケジュールを決めるのに、
Calendar Week (CW;カレンダーウィーク)という言い方がでてくる.

これは簡単に言えば,1月1日を含む週から順番に,
週に番号を付けていったもので,1年間で「第52週」までの番号が付く.

私がここ2年連続して使っている手帳には
このカレンダーウィークも表示されているのだが,
どういうわけだか,
海外で一般的な番号付けに比べて1週ずれている.(^^;)

そこで,ネット検索で調べてみると,
このカレンダーウィークというのは,
国際標準規格 ISO8601で定められており,

 ・週は月曜日から数える
 ・年初の第一週は少なくとも4日以上

というルールになっているそうだ.

つまり,年初の週(1月1日)が,
 月,火,水,木で始まれば,その週が第1週となり,
 金,土,日で始まれば,その週は前年の最終週となってカウントされない,
ということらしい.

で・・・,私の手帳のCWを見直してみると,
・・・やっぱり1週ずれてる~.(^-^;)

どうなってんじゃいっ! 「超整○手帳」!

2005年の漢字一文字

遅ればせながらの話題だが・・・、財団法人 日本漢字能力検定協会が発表した2005年の世相漢字は「」だそうだ。

「愛」は・・・戦後ニッポンが、アメリカナイズされていく中で、だんだんに忘れてきたものなのではなかろうか。そして今・・・「愛の不足」をナントナシニみんなが感じはじめたのではなかろうか。ここ十数年、信じられないような事件、痛ましい出来事が、確実に増えてきていると思う。悲しいかな、恐ろしいかな。また、金があっても、富があっても、名声があっても、そこに愛がなかったらなんもならん、と思う。
戦後世代の次の世代・・・我々が「愛がいっぱいの社会」を作っていかなければならない・・・と思う。
「そこに愛はあるのかい?」、何か行動しようとするとき、自問したい言葉だ・・・。

ちなみに、小生の2005年の一字は「転」に決まった 。転職、転居、転籍・・・などなど、転じた出来事が多くあった。
しかしそれ以上に、転石苔を生ぜずというように、来年も転がり続けたいという思いを込めたいと思う。

宴会シーズンにふさわしい唄ナンバーワン?

今、ナツカシイ(?)唄がFMから流れてきた。こんな歌を唄い飲む宴会、最近やってないなぁ・・・。(淋) それにしても「ドサクサ」って・・・(笑)
1月は正月で酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
2月は豆まきで酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
3月はひな祭りで酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
4月は花見で酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
・・・(中略)・・・
12月はドサクサで酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31